飛行機にハンドクリームは持込可能?口紅やリップクリームは要注意

ニベア缶 ハンドクリーム
飛行機の機内は乾燥しがちなもの。

特に長いフライトだとハンドクリームやリップクリームは座席まで持っていきたいですよね。

今回は、ニベア缶などのハンドクリームやリップクリーム、口紅を機内持ち込みする時に気をつけておきたいポイントをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

飛行機にハンドクリームは持ち込める?

ハンドクリームを機内持ち込みすることは可能です。

ただし、特に国際線を利用する場合は「航空機客室内への液体物持込制限」があるので、持って行き方には注意しましょう。

国際線へハンドクリームの機内持ち込み

ハンドクリームが液体なの?と思われるかもしれませんが、国際線に搭乗する場合は「液体」として扱われます

ちなみにプリンも液体です。

詳細は国土交通省のホームページでPDFの資料を見ることが出来ますので、興味のある方はどうぞ。

ハンドクリームを「液体」のひとつとして客室内まで持ち込む場合は、準備をしておきましょう。

《国際線の客室内(座席まで)ハンドクリームを持ち込む場合》

◆容器のサイズは100ml(ミリリットル)以下

容器自体が100ml以下なので、たとえ中身が少なくても容器が大きい場合はNGです。
(1ml=1gと読み替え可能)

容器は缶でもプラスチックでもチューブ状のものでも大丈夫です。

◆再封可能な容量が1リットル以下のジッパー(もしくはファスナー)が付いた透明なプラスチック袋に、他の液体物と一緒に余裕を持って入れる

ジップロックタイプの透明な袋でOKです。

1リットル以下の袋の目安は、縦横合計40cm以内。正方形の場合は20x20cm、縦横の合計が40cm以内なら長方形でも大丈夫です。

20x20cmでマチ付きの袋だと1リットルをオーバーしてしまうので、気をつけましょう。

◆上記の袋に入れたもの1人1つのみ持ち込み可能

あらかじめ透明なジップロック状のプラスチック袋を準備しておけば安心です。

以上の3点を抑えておきましょう。

ちなみにニベアの青缶、大は169gなのでそのままでは座席までは持ち込めません。

100ml以下の小さめな容器に移して持っていくか、スーツケース等に入れてチェックインする方の荷物で預けましょう。

青缶の中サイズなら、56gなのでこちらはそのままプラスチックの袋に他の液体物と共に入れておけば、機内へ持ち込むことは可能です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニベアクリーム 中缶(56g)【ニベア】
価格:259円(税込、送料別) (2019/2/5時点)

国内線を利用する場合

国内線を利用する場合は、大量に持っていかない限りは客室内への機内持ち込みも、スーツケース等でチェックインする預け入れ荷物でもどちらでも大丈夫です。

スポンサーリンク

飛行機の機内持ち込み リップクリームや口紅は?


機内は乾燥していますから、ハンドクリームも持っていきたいですし、リップクリームも忘れたくないですね。

ハンドクリームが液体なら、リップクリームは?という疑問が出てきます。

リップクリームは、スティック状のものは「液体」扱いにはなりません。なので、プラスチックの袋に入れる必要はありません。

ただし、
◎ジェル状リップクリーム
◎ジェル状口紅
◎リップグロス
◎リップバーム

は「液体」扱いになるので、他の液体物と共にプラスティック袋に入れる必要があります。

要するに、ジェル状のもの、クリーム状のものは「液体」、スティック状のリップクリーム、口紅は液体にはなりません。

迷ったら、液体用のジップロック袋に入れるか、座席で使う予定がないものはチェックインするスーツケース等に入れておくのが安心ですね。

機内の乾燥が心配で、色々座席まで持って行きたくなってしまった場合は、例えばハンドクリームとしてもリップクリームとしても使えるようにワセリンを持っていくなど、代用がきくものが便利ですね。

また、普段は液体のメイク落としを使っていても、旅先にはシートタイプを持っていくようにして液体物を減らすことも出来ます。

機内での必要度から優先順位を考えて、持っていくものを決めましょう。

スポンサーリンク

飛行機の機内での乾燥対策

機内の湿度は、湿度20%以下と言われています。

なので、内側からも外側からも乾燥対策はしておきたいですね。

◆水を飲む

まずは内側からの保湿は、なんと言っても水を飲むこと。

コーヒーやお茶等のカフェインを含むものよりも、常温のお水やぬるま湯がいいですね。

トイレに行く回数を減らしたいと飲む量をセーブしている方もいるかもしれませんが、機内は乾燥していますので、適度に水分補給はしておきましょう。

◆座席で出来る保湿

濡れたおしぼりを座席のテーブルに広げたり、マスクをするなどは、特に周囲に迷惑をかけることなく出来ますね。

◆クリームでの保湿

お肌の乾燥対策には、ハンドクリームやリップクリーム。

特にワセリンがおすすめです。

ワセリンは濃厚過ぎて苦手という方もいるかもしれませんが、ごく少量を手のひらで温めてから、伸ばして、お肌の気になる部分に塗ればベトベトが続くことはありません。

乾燥してきたなと思ったら、その都度少量を濡れるのも便利です。

化粧品の中には香りの強いものもありますが、飛行機の機内は狭い空間です。

特に混雑していればすぐ近くにたくさんの人がいますので、香りの強いタイプのものは避けた方が無難ですね。

また、他の人のスキンケア自体を見たくない方も中にはいますので、短時間で終えたり、お手洗いのときにササッと終わらせるなど気をつけたいですね。

とは言っても、混雑するタイミングでトイレを長い時間占領したりするのはダメですが。

機内では周りの方への配慮も忘れず、気持ちよく過ごしたいですね。

さいごに

飛行機の客室内にハンドクリームを持ち込むことは可能です。

◆国際線/機内持ち込み

100ml以下の容器に入れて、他の液体物と一緒に透明なプラスチック袋に入れて持っていきましょう。

◆国際線/預け入れ荷物

スーツケースに入れてチェックインする場合は、漏れたりしないように注意しましょう。

◆国内線

国内線の場合は、機内持ち込み、預け入れ荷物共に大量でなければ問題ありません。

口紅やリップクリームはスティック状のもの以外は液体になるので、注意が必要です。

空港で慌てなくてすむように、自宅で準備をして出発しましょう!

オーストラリア・ニュージーランド・アメリカへ旅行に行く場合は、液体に加えて粉類の機内持ち込み制限もあるのでご注意下さい。