鶴岡八幡宮から建長寺、円覚寺、明月院(北鎌倉エリア)への行き方


鶴岡八幡宮から北鎌倉エリアの建長寺、円覚寺、明月院までの距離、所要時間、徒歩でのルートやバス便などの移動手段(アクセス方法)をまとめています。

鶴岡八幡宮の次にどこへ行こうかという時に参考になればと思います。

スポンサーリンク

目次【本記事の内容】

鶴岡八幡宮から建長寺への行き方


まずは鶴岡八幡宮から建長寺へのアクセス方法
・徒歩
・バス

についてご紹介します。

鶴岡八幡宮から建長寺への徒歩ルート

鶴岡八幡宮の裏手から建長寺までは徒歩で10分弱、約600mほどです。

鎌倉駅から建長寺までの道のりを考えるとちょっと遠いですが、鶴岡八幡宮に寄ってから行くのなら、遠く感じることもないと思います。

鶴岡八幡宮から建長寺へバスで移動

鶴岡八幡宮から建長寺は近いので、歩いていくのがおすすめですが、バス便もあります。

鶴岡八幡宮の裏手にあるバス停「八幡宮裏」から

江ノ電バス

・大船駅(大船駅東口交通広場)
・本郷台駅
・上大岡駅

方面へ行くバスに乗って約2分、次の停留所が「建長寺」です。運賃は180円(IC:175円)。

「鎌倉八幡宮前」バス停から乗っても、2つ目が「建長寺」になります。

鶴岡八幡宮から円覚寺へのアクセス方法


続いて鶴岡八幡宮から円覚寺への移動方法
・徒歩
・バス
・電車

についてご紹介します。

鶴岡八幡宮から円覚寺へ徒歩で行く

鶴岡八幡宮の裏手から円覚寺までの距離は1.6kmほど、徒歩で約20分ほどになります。

建長寺を通り過ぎで、後半は線路沿いの道を北鎌倉駅の手前まで行くと到着します。

鶴岡八幡宮から円覚寺へバスで行く

円覚寺までも建長寺へ行くのと同じバスで行けます。

江ノ電バスで、
・大船駅(大船駅東口交通広場)
・本郷台駅
・上大岡駅

方面へ。

「八幡宮裏」のバス停から建長寺・明月院を過ぎて約6分、4つ目の停留所の「北鎌倉」が円覚寺の最寄りのバス停です。

円覚寺とは線路を挟んで反対側にバス停があるので、踏切を渡ることになります。運賃は210円(IC:206円)です。

鶴岡八幡宮から円覚寺へ電車で行く

円覚寺はJR横須賀線の北鎌倉駅からすぐなので、鶴岡八幡宮から鎌倉駅に行き、横須賀線で1駅3分で北鎌倉駅へ行く方法もあります。

また、東京方面へ帰るのなら途中下車して円覚寺に寄るという選択肢もありますね。

運賃は140円(IC:133円)です。

スポンサーリンク

鶴岡八幡宮から明月院への行き方


最後に鶴岡八幡宮から明月院へのアクセス方法
・徒歩
・バス
・電車

での移動についてご紹介します。

鶴岡八幡宮から明月院への徒歩ルート

鶴岡八幡宮の裏手から明月院の距離は約1.5km。徒歩20分ほどで到着します。

建長寺の前を通り、円覚寺に行く手前で右に曲がって行くルートです。

鶴岡八幡宮から明月院へバスで行く

明月院までも建長寺・円覚寺と同じバスで行けます。

江ノ電バス
・大船駅(大船駅東口交通広場)
・本郷台駅
・上大岡駅

方面へ。

建長寺を通り過ぎ、約5分3つ目のバス停が「明月院」です。

踏切を越えたところにバス停がありますので、ちょっと戻って踏切を渡って明月院方面へ。坂道ではありませんが、バス停から約4分ほど歩きます。

運賃は180円(IC:175円)。

鶴岡八幡宮から明月院へ電車で移動

明月院へもJRを使って、鎌倉駅から移動することも可能です。

ただ、円覚寺は北鎌倉駅からすぐですが、明月院は北鎌倉駅から徒歩10分弱掛かるので、鶴岡八幡宮から徒歩もしくはバスで行った方がスムーズで早いと思います。

さいごに

鶴岡八幡宮から北鎌倉エリアへは距離的に近いので、徒歩での移動がオススメです。

特に建長寺から北鎌倉駅までの間にも、浄智寺や東慶寺など他にも見どころがたくさんあるので、ちょこちょこ寄りながら行けば、歩くのも苦ではないと思います。

もし、タクシーを利用したいなら、予約をしておいた方が無難です。ただ、距離が近いので、観光タクシーや貸切タクシーで何ヶ所か回るようなスケジュールを相談して組んでおく方がいいかもしれません。

◆観光タクシー

鎌倉スマイルタクシー

KGグループ

◆貸切タクシー

ロイヤル交通

今回は鶴岡八幡宮からの建長寺・円覚寺・明月院までのルートをご紹介しましたが、もし北鎌倉エリアと鶴岡八幡宮のみが目的地であれば北鎌倉駅からスタートする逆ルートを検討してみてもいいかと思います。

鶴岡八幡宮から鎌倉駅付近の方がお店が多いので、歩き疲れてくる後半に休憩する場所の選択肢が多くなります。

また、鶴岡八幡宮から

銭洗弁財天宇賀福神社、鎌倉大仏殿高徳院、長谷寺への行き方

江の島、新江ノ島水族館への行き方

報国寺への行き方

はそれぞれの記事でご紹介しています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする