野球の予告先発 明日の先発投手と気になるその先のローテ予想


プロ野球シーズンが始まると日々気になるのが明日の予告先発。明日の先発が分かるとさらにその先のローテーションピッチャーも気になります。楽しい日々が続きますね。

特にチケットを購入して観戦日が決まっている場合は、1~2週間前からどの投手の登板日になるかな?と予想をしている方も多いのではないでしょうか。

今回は、明日の予告先発の確認方法のほか、過去のローテーションが分かるサイトや先の先発投手の予想が分かるサイト等と共に予告先発のルールもご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

明日の予告先発投手の確認方法

まずは、とにかく明日の予告先発が知りたい!という方はこちらで確認出来ます。

NPB(日本野球機構)公式サイト

スポーツナビ 

プロ野球Freak

毎日サイトに確認に行くのは面倒という方はNPB(日本野球機構)のTwitterをフォローしておくという方法もあります。

NPB公式Twitter

予告先発も分かる無料アプリ

個人的におすすめなのは、スポーツナビの無料アプリです。試合速報も早いし、出場選手登録や登録抹消、チーム関連のニュースなど野球関連のことはほぼ網羅していますし、翌日の予告先発も設定しておけば通知してくれます。

このアプリがあるので、球場での試合観戦の時も選手名鑑を持って行く必要がなくなりました。

★スポーツナビ野球速報(無料)★

⇒⇒⇒iPhone版

⇒⇒⇒アンドロイド版 


予告先発の先の予想ローテーション

巨人の今年の先発ローテーションはどうかな?とか、中日ドラゴンズの松坂投手の次回の登板はいつだろうとか、好きなチームの先発ローテーションはもちろん、相手チームのローテーションも気になるものですね。

予告先発で先発投手が分かるのは次の日までですが、もちろんその先の先発投手も気になるし、予想するのも楽しいものです。

過去のローテーションを見て、自分で予想したい方におすすめなのがこちらのサイトです。

◆プロ野球Freakの先発ローテーション表

リーグ別やチーム別などお好みで先発投手の一覧を見ることが出来ます。

セ・リーグはこちら

パ・リーグはこちら

また、データスタジアム株式会社の独自ロジックによる予想をしているのが、スカパーの先発予報です。

スカパーの週間先発予報

日付を切り替えてみると、一週間先までの各チームの先発投手が予想されています。こちらの予測は日々更新されているので、試合日に近い方が的中率も高くなります。

プロ野球Freakで過去のローテーション見て、自分で予想をしてから、スカパーの予報との違いをチェックしてみたりしても面白いですね。

スポンサーリンク

予告先発の公示ルール

予告先発は、パ・リーグは1994年から全公式戦を対象に発表し、セ・リーグは2012年からレギュラーシーズン全試合で発表されるようになりました。

ベイスターズファンの私もすっかり予告先発があることが当たり前になりましたが、予告先発のルールを確認しておきたいと思います。

予告先発の発表時間は何時?

予告先発投手が発表される時間は、前日に試合があるかないかで各チームからの翌日の先発投手の届け出の締め切り時間が異なるため、発表される時間も違ってきます。

◆前日に試合がある日の先発投手⇒試合開始の1時間前まで

◆前日に試合がない日の先発投手⇒15時まで

月曜日は試合がないケースが多いので、主に火曜日の先発投手が2つ目のケースに当たりますね。なので、月曜日は15時過ぎに翌日の予告先発が分かるけど、火曜日以降は試合開始の1時間前を切らないと分からないというパターンが多くなります。

また、両チームの予告先発投手が揃ってから発表されるので、発表される時間がずれることがあります。

予告先発 雨天中止になった場合

雨で試合が中止、もしくは開始されたけどノーゲームになった場合は、予告先発を変更することが出来ます。

中止になった試合に投げる予定だった投手がスライド登板することもあれば、一回飛ばして次の試合は元々の予定通りのピッチャーが投げることもありますね。

雨予報の場合には、予告先発投手の発表自体を遅らせるケースもありますし、すでに発表された後でも再度発表されることになります。

予告先発の変更

一度発表された予告先発投手が登板を回避して、違う投手に変更になる場合もあります。

予告先発を発表後にアクシデント(体調不良やケガ等)によって先発投手を急遽変更する場合は、審判と対戦相手の監督の了承が得られれば可能です。

また、先発を回避した投手は3日間出場停止となりますが、メンバー交換よりも前に変更された場合は出場停止とはなりません。

クライマックスシリーズの予告先発

2012年からレギュラーシーズンでは予告先発を発表してきたセ・リーグも、クライマックスシリーズ(CS)では2017年まで採用されていませんでしたが、2018年は予告先発が実施されました。

日本シリーズの予告先発

日本シリーズでは、原則として予告先発投手は発表されていません。

ただ、出場する両チームの監督が日本シリーズの開始前に同意した上で予告先発が行われる場合があります。

過去には、1998年、2005年、2013年、2014年、2016年、2018年に予告先発が発表されました。

予告先発はいらない?

セ・リーグのチームのファンの私もすっかり予告先発が当たり前になりました。

が、個人的にはなければないでいいかなぁと思っています。

特に球場での観戦時には、先発バッテリーが発表されるよりも前に行って今日は誰かなぁ?とワクワクした気持ちで待っていたのですが、予告先発だとそのワクワク感はありません。

その代り、偵察メンバーで最初から試合に出ない選手が分かるということもなくなったのですが。

相手投手を予想してチームのオーダーを組み、その予想が当たったり外れたりというのも面白味のひとつなのかなぁと思います。

特にCSのファーストステージなどは試合数も少ないですし、個人的には予告先発なしにして欲しいなぁと思っています。

さいごに

明日の予告先発投手を早く確実に知るには、NPB(日本野球機構)公式サイトへ。

その先の先発投手が気になる場合は、予想しているサイトを利用したり、自分で過去のローテから予測するのも楽しいものですね。