一軍登録人数が29人に変更!一軍二軍の入れ替えをいち早く確認する方法


2019年もいよいよプロ野球シーズンの開幕が近付いてきました。

開幕一軍登録をされるのは誰なのか、NPB(日本野球機構)の公示が気になる季節になってきましたね。

2019年から一軍登録の人数は昨季までの28人から一人増えて29人に。

今回は、一軍登録の人数、外国人の登録枠、シーズン中に登録抹消された後の再登録が可能となるまでの期間等についてまとめています。

また、好きなチームの一軍と二軍の選手の入れ替えについては、いち早く確認するためにも登録・登録抹消が公示される時間を知っておきましょう。

スポンサーリンク

プロ野球一軍登録枠に入る人数

プロ野球の一軍の試合に出られるように登録することを「出場選手登録」と言います。

その出場選手登録を出来る選手の数が20019年より最大28⇒29になりましたが、ベンチ入り出来る人数は25選手と2018年までと変わりません。

29選手のうち、試合に出場可能なのは試合前に指名された最大25名の選手になります。

通常、ベンチ入りメンバーから外れるのは、その日に登板予定のない先発ピッチャーなどです。登録が一人増えたことで連投した中継ぎピッチーを確実に休ませるケースも出てくるかもしれませんね。

一軍の枠が広がったことで、登録を抹消せずにベンチ入りのメンバーを試合ごとに入れ替えることで、より柔軟な選手起用が可能になります。

選手にとっては出場機会が増えることに加えて、フリーエージェント権の資格獲得条件の一軍の登録日数の計算上でもメリットのある変更です。

一軍登録可能な外国人枠

外国人選手の出場選手登録(一軍登録)は最大4名までとなっています。

また、投手、もしくは野手として登録できるのはそれぞれ3名までなので、投手のみ4名、野手のみ4名という登録は出来ないことになっています。

ただ、一軍登録は4名までですが、球団全体では何名までという決まりはありません。

外国人選手が外国人選手枠から外れて、日本人選手と同じ扱いとなるケースに関しては、こちらの記事でどうぞ。

開幕一軍登録の公示はいつ?

開幕戦の一軍登録(出場選手登録)は、開幕3日前までの申請が必要となり、この登録は開幕戦まで変更は出来ません。

また、開幕戦のベンチ入り選手名簿は開幕前日に公示されます。

開幕日の翌日以降は登録も抹消も可能になります。

毎年各球団の注目のルーキー達が開幕一軍切符を掴むのか気になりますね。

スポンサーリンク

プロ野球の公示の時間

一軍、二軍の入れ替えがあるのかどうか、その日の登録選手、登録抹消される選手の連盟への提出期限は平日と土日・祝日で異なります。

◆平日のナイター
試合当日の15時以前に各球団がセ・リーグもしくはパ・リーグの連盟事務局へ申請されたものをその日に公示する。

◆平日のデーゲーム
試合開始予定時刻の1時間前までにナイター同様に申請されたものをその日に公示する。

◆休日の試合

現地の試合会場で、試合開始予定時刻の1時間前までに審判員に書面を手渡しして、公式記録員が報道機関に発表することによって連盟に申請したとみなされる。

平日と休日で異なるのは、連盟が土日祝日はお休みだからだそうです。

実際にNPBの公式サイトやその他の報道機関のサイトなどに、情報がアップされるまでには10分程度はかかることが多いので、ナイターの場合、大体15時過ぎには分かると思っていれば間違いないでしょう。

一軍登録抹消と再登録までの期間

続いて、一軍登録抹消のルールをまとめておきます。

一度出場選手登録(一軍登録)を抹消されるとその日から一軍の公式戦には出場出来なくなります。

そして、10日間は再登録が出来ないルールになっています。

一度登録を抹消してしまうと早くても10日間は一軍に戻ってこられませんが、2019年から出場選手登録の人数が一人増えたことで、その日の試合のベンチには入れないけど登録抹消しなくてすむようになります。体調不良や軽いケガなどで様子をみるようなケースに、他の選手が出場するチャンスが増えるといいですね。

例外として、シーズン途中のトレードによってチームが変わった場合はこの10日間のルールは適用されません。

元の所属球団での出場選手登録や支配下選手登録が抹消され、新しい球団で支配下選手登録と出場選手登録をされれば試合に出場することが出来ます。

脳震盪(のうしんとう)の場合の登録抹消特例措置

また、もうひとつ特例措置として、試合中の交錯プレーなどで脳震盪(のうしんとう)を起こして出場選手登録(一軍登録)を抹消された場合は、規定の10日間を経過しなくても再登録することが可能です。

この特例によって出場選手登録を抹消する場合は、代わりの選手を指定して出場選手登録することができます。

そして、登録を抹消された選手(脳震盪を起こした選手)が10日以内に復帰する場合、この代わりの選手が出場選手登録を抹消されます。

ただし、この代わりの選手はこの抹消から10日間経過していなくても、再度出場選手登録することが可能となってます。

この特例は、2016年シーズンの途中から導入された比較的新しいルールです。

スポンサーリンク

一軍登録と登録抹消情報をいち早く入手する方法

阪神タイガースやカープの一軍登録情報を知りたい!という方も、好きなチームだけでなく相手チームも含めて各球団の登録・登録抹消情報を知りたい方も、早く正確な情報を入手するにはNPB(日本野球機構)の公式サイトが便利です。

NPBは公式のツイッターもあるので、フォローしておくのもいいですね。

日本野球機構NPB公式Twitter 
その他、
ベースボールキング 
スポーツナビ 野球編集部 
などのツイッターをフォローしておくのもいいでしょう。

いち早く知りたい場合は、ナイターなら15時過ぎ、デーゲームなら試合開始の1時間前を切った頃にチェックしてみましょう。

また、個人的に便利に利用しているのはスポーツナビの野球速報アプリです。

好きなチーム等を登録しておくと試合展開はもちろん、予告先発の情報をはじめ一軍登録・抹消の公示も好きなチームの登録に変化があった時に通知が来て、お知らせしてくれます。

また、公示に関しては最新情報だけでなく、遡っていつ抹消されたか等も見ることが出来るのでシーズン中はかなりお世話になっています。

アプリではなく、スポーツナビのサイトでも公示を確認することが出来ます。

◆スポーツナビ野球速報(無料)

iPhone版

アンドロイド版 

まとめ

プロ野球の一軍登録登録(出場選手登録)メンバーの人数は29名(2019年より)。

そのうちベンチ入り可能メンバーは25名です。その日の出場選手登録が分かるのは、ナイターの場合は15時過ぎ、デーゲームの場合は試合開始予定時刻の1時間前を過ぎた頃が目安になります。

一軍に登録可能な外国人選手は投手・野手合わせて4名ですが、投手のみ野手のみで4名を登録することは出来ません。

一軍登録が抹消された場合、10日間は再登録が出来ませんが、シーズン中のトレードや脳震盪の場合には例外が認められています。

また、日本シリーズでは40人を「出場有資格者選手」として選出し、試合ごとにベンチ入りメンバーを選ぶ方式となるので、シーズン中とは異なります。

原則として、日本シリーズは8月31日までに出場チームで支配下登録されている選手の中から40名までの「出場有資格者」を選ぶことになっています。