飛行機へシャンプーは持ち込み可能?国際線国内線の違いと持って行き方


シャンプーはいつも使っているものを持って行きたいけど、確か飛行機に乗る時って液体は制限があったような?と気になっている方も多いと思います。

ひとくちに飛行機にシャンプーを持って行きたいと言っても
・国内線
・国際線

の違いと
・機内持ち込み手荷物
・預け入れ手荷物

の違いで制限されることが異なります。

今回は、上記のケース別の違いを整理してご紹介します。

また、シャンプーを機内に持ち込む場合とスーツケース等でチェックインする場合、それぞれの気をつけたいポイントも合わせてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

飛行機内にシャンプー持ち込みは出来る?

旅行で飛行機に乗る時にシャンプーを持っていくことはもちろん可能です。

ただ、荷物のどこにシャンプーを入れるのかについては注意が必要です。

機内持ち込み手荷物と預け入れ手荷物の違い

旅行の時の手荷物は、

◆機内持込み手荷物
座席まで一緒に持っていく荷物

◆預け入れ手荷物
スーツケース等に入れてチェックインする荷物

の2種類に大きく分けられます。この区別は国内線も国際線も一緒です。

航空機内への液体物の持ち込みに細かい制限があるのは、
国際線の機内持ち込み手荷物
なので国際線からみていきましょう。

座席まで持っていく機内持ち込みの場合

国際線に乗る時に座席まで持ち込む手荷物にシャンプーを入れたい場合は、下記のポイントに気をつけましょう。

◎100ml(ミリリットル)以下の容器に入れる

中身が100ml以下でも容器が超えていたらアウトです。
(1ml=1gと読み替えることが可能)

◎他の液体物とともに再封可能な容量が1リットル以下のジッパー(もしくはファスナー)が付いた透明なプラスチック袋に余裕を持って入れる

ジップロックタイプの袋が便利です。1リットル以下の袋の目安は、縦横合計40cm以内なので、正方形の場合は20x20cm、縦横の合計が40cm以内なら長方形でも大丈夫です。

◎1人に付き上記の袋に入れたもの1つのみ持ち込みが可能

100ml以上の容器だったり、透明なプラスチック袋がない場合は容器を廃棄されてしまう可能性もありますので、しっかり準備していきましょう。

シャンプーだけでなく、リンスや化粧水、ハンドクリームなども含めた液体物の全体量が制限範囲を超えてしまわないように気をつける必要があります。

歯磨きやヘアジェルなどのジェル状のものも液体物に含まれます。

シャンプーや化粧品の試供品など、小さめのケースに入っているものも1個の内容量をチェックしておきましょう。

透明なプラスチック袋は、他の手荷物とは別に検査場で検査員に提示し、スムーズに通過したいですね。

乗り継ぎをする場合には注意

国際線で乗り継ぎがある場合、乗り継ぐ時の液体類の取り扱いは、乗り継ぎ国のルールが適用されます。

続いて、国際線でスーツケース等にシャンプーを入れて、チェックインする場合についてお伝えします。

スポンサーリンク

飛行機にシャンプー スーツケースに入れる場合の注意点


シャンプーをスーツケース等に入れ、預け入れ手荷物としてチェックインするなら、100ml以上の容器でも大丈夫です。

液体類はひとつの容器につき、

0.5リットルまたは0.5kg

で、1人あたりは

2リットルまたは2kg

まで預け入れることが出来ます。

大量にシャンプーを持っていくというケースは稀だと思いますが、液体物は多くなるとスーツケース全体の重量にも関係してくるので重さにも注意が必要ですね。

スーツケース内の液漏れ対策

スーツケースにシャンプーを入れる場合は、液漏れ対策が必須です。

気圧の関係というよりは、預け入れ手荷物は手荒に扱われることを想定しておかなければなりません。

【液漏れ対策】

・しっかりしたビニール袋に入れる(出来れば2重、3重)

・フタをセロテープ等で固定する

・可能なら使いかけではなく、新品を持っていく

・ハードタイプのスーツケースに入れる

・衝撃を受けにくい場所に入れる

衣類の間に挟んだり、タオルなどで包んだりしてスーツケースの中で動かないように工夫をしておきましょう。

セロテープは小さいものを持っていくと帰りも安心です。

万が一にも容器が破損して漏れてしまい、他の人の荷物にまで影響が出てしまうと困ります。

実際、ワインの瓶が破損したりすると他の方の荷物まで汚してしまうということはあるので、迷惑をかけないようにしたいですね。

スポンサーリンク

飛行機にシャンプーを持ち込みたい!国内線の場合

日本の国内線の場合、保安検査はありますが、国際線のような細かい機内持ち込みの液体物の制限はありません

機内持ち込み、預け入れ手荷物どちらもOK

国内線では、化粧品・香水・医薬品(非放射性のもの)などの液体類は、ひとつの容器につき、

0.5リットルまたは0.5kg

で、1人あたりは

2リットルまたは2kg

までであれば、座席まで持っていっても、スーツケース等に入れてチェックインしてもどちらも可能です。

アルコール飲料等は別の規定がありますので、ご注意下さい。

さいごに

国際線の機内持ち込みとして、座席内に液体を持ち込むのは、複雑なルールがあります。

ですが、量と持って行き方を間違えなければ持ち込めない訳ではないので、準備して慌てなくて済むようにしておきたいですね。

シャンプー以外の液体物全般については、こちらの記事も参考にどうぞ。

国際線の場合、大丈夫かなぁと心配で迷ってしまうなら、どうしても機内で必要があるものでない限りは預け入れ荷物としてチェックインしてしまうのが安心ですね。

また、アメリカ・オーストラリア・ニュージーランドにお出掛けの方は、液体とともに「粉」の機内持ち込み制限もあります。こちらの記事にまとめていますので、参考になればと思います。
飛行機の機内持ち込み 粉(パウダー)も制限対象に!

スポンサーリンク