北鎌倉あじさい寺 激混みの明月院とゆっくり見られる東慶寺

鎌倉の紫陽花画像前週の長谷寺&御霊神社のあじさいに続き、2017年6月20日(火)に北鎌倉の明月院のあじさいを見に行って来ました。

北鎌倉の明月院は、あじさい寺、明月院ブルーでも有名ですから、とにかく人が多い。朝一、開門前に到着しましたが行列に並ぶところからスタートしました。

激混みのあじさい寺、明月院の紫陽花と横須賀線の線路を挟んで反対側の東慶寺の紫陽花情報も合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

北鎌倉のあじさい 明月院は並んで入場

8時半の開門前に到着出来るように出発し、北鎌倉駅から歩いて約10分、8時15分過ぎに明月院の近くまで行くと既に「最後尾」のプラカードを持った警備員さんがいて列が出来ていました。

私が並んだのはちょうどきんつば屋さんの近くで警備員さん曰く130mくらい並んでいるとのことでした。

8時半になると列が進み始めます。いくつか窓口があり、拝観料は500円。意外とすんなり5分程度で明月院の中へ入ることが出来ました。

こちらは帰り際に撮った入り口近くのあじさい。
北鎌倉明月院のアジサイ

中には入れたものの、ここからまた進みません。
みなさん鎌倉石の参道とあじさいの写真を撮るために並んでいるというか、留まっている人が多くなかなか進まないのです。
明月院参道の紫陽花画像
山門に続く参道の両脇に咲くあじさいは朝一番は通行止めになっていて人がいない状態で写真が撮れました。
北鎌倉6月の明月院の紫陽花
この通行止めは正確には何時までか分かりませんでしたが、9時過ぎには解除されて通行できるようになっていたようです。
長谷寺に増して大きな一眼レフカメラを持った人が多く、撮影に時間が掛かるのでスマホカメラの私はサクッと撮って行列の合間を縫って移動しました。ラッシュ時の駅の構内のような感じです。

「明月院ブルー」と呼ばれる青いあじさいが多いのですが、青にも様々な色がありきれいでした。
明月院の紫陽花見頃の画像

明月院のあじさいは95%姫あじさいという種類で、淡い青から日毎に青さを増していくそうです。
明月院のアジサイ画像

中にはブルー以外のあじさいもあります。
明月院のあじさい画像

花想い地蔵様。曇り空が晴れてきてしまい暑そうでした。
6月の明月院のお地蔵様 紫陽花

近くに猫がいました。こちらに住んでいるようです。
明月院の猫

本堂の前の枯山水庭園。日差しが強くなってきてしまいました。
6月の明月院の枯山水

本堂の前にはまたもや行列が。御朱印を頂くための列と丸窓の写真を撮るための列が出来ていました。
暑くなってきたので迷いましたがせっかくなので、丸窓の写真を撮るための列に並ぶことに。山門のあたりからで約15分並んで撮ったのがこちらです。
紫陽花シーズンの明月院の丸窓

その丸窓を反対側から見た写真がこちら。
明月院の丸窓 裏側からの画像
本堂後庭園に行くと裏側から見ることが出来ます。

花菖蒲が咲く本堂後庭園の公開は終了しました、という案内が出ていたので見ることが出来ないのかと思ったら、ユニセフの募金活動に協力すると入園が可能とのことで300円の寄付をして本堂の脇から後庭園へ。(300円をお願いしますとの記載あり)
明月院本堂後庭園の入り口画像

ピークではなかったですが、花菖蒲が咲いていました。
明月院の後庭園の花菖蒲

奥の方は青もみじがきれいでした。
明月院の後庭園画像
そんなに広くはないので10分強程度で見て回りましたが、緑がきれいで少し人が少なくホッとします。

明月院の中はいたるところにブルーのあじさいが通路にはみ出るように咲いているので、触れないように気を付けないとあじさいを傷めてしまいそうでした。
明月院の紫陽花 明月院ブルー

こちらは人のいない一瞬を狙って。なかなか人を入れずに写真を撮るのは難しいです。
明月院の紫陽花画像
ぐるっと後庭園まで見て、1時間15分ほどだったと思います。ひとくちに「鎌倉のあじさい」と言っても長谷寺とはまた違って、両方行ってよかったと思いますが明月院にまた行くのならもう少し空いている時期にしたいと思うくらい混雑は長谷寺の比ではなかったです。

スポンサーリンク

落ち着いて楽しめる東慶寺のあじさい

明月院をあとにして、徒歩で約10分の東慶寺へ移動しました。
中に入る前から正面の石段の脇のあじさいがきれいです。
が、こちらも人を入れずに撮るのは無理でした。
北鎌倉東慶寺の入り口画像拝観料は200円。Suicaも使えます。
中に入ってからもあじさいは咲いてます。
東慶寺境内の紫陽花画像

こじんまりしていますが、こちらにも花菖蒲が咲いていました。
(あじさいの向こう側)
東慶寺の花菖蒲画像

明月院に比べると人が少なく、落ち着いて見て回ることが出来ました。緑がきれいです。
6月東慶寺の新緑画像

写真では上手く表現できませんが、太陽光に照らされた青もみじのグリーンが気持ちよかったです。
東慶寺の青もみじ画像

奥の岩壁にはイワタバコが紫色の花を咲かせるそうですが、見頃は6月上旬とのこと。既に終わっていました。
6月の東慶寺境内画像この日は約20分ほどの滞在で東慶寺をあとにしました。

さいごに

同じ平日の朝だったので長谷寺くらいの混み具合かと思っていたら、甘かったです。次の日から天気が悪い予報が出ていたことも影響していたのかもしれませんが、すごい人でした。

帰り道の10時前の入り口付近に行列はありませんでしたが、どんどん切れ間なく明月院に向かって人が歩いて来ていたので既に中の混雑具合を考えると並ぶことはなくても人が多いことは覚悟していった方がいいですね。

《あなたにおすすめの記事はこちら》

北鎌倉の明月院のあじさい写真 2018年は見頃が早い!

鎌倉駅近くの妙本寺の紫陽花写真2018