迎賓館見学の申込み方法 2016年から通年公開に 料金は?

公開日:  最終更新日:2018/03/31

20160419_01
2016年4月19日(火)から国外からのお客様をお迎えするのに支障のない範囲で迎賓館赤坂離宮の通年公開が開始されました。

予約不要で無料で見学出来るエリアと予約も出来る有料のエリアがありますので、見学の申込方法、料金についてまとめておきます。

スポンサードリンク

迎賓館の見学申し込み方法

見学可能な場所は、前庭のみ前庭及び主庭本館及び主庭和風別館になりますが、毎日公開される訳ではないので行きたい日が公開日かどうかをまず確認しましょう。

公開日の詳細は内閣府のホームページで確認出来ます。外交日程などの都合で日程の変更や公開が中止となることもあります。

迎賓館赤坂離宮 公開スケジュール

★前庭(迎賓館赤坂離宮前庭)

本館の外観(前庭)は公開日であれば、予約なし、無料、入場定員もなしで見ることが出来ます。

公開時間 : 10:00~17:00(入場受付16:30終了)

入場口 : 迎賓館赤坂離宮西門

入場定員はありませんが、来場者多数の場合は混乱防止のため入場制限が実施されることもあります。

また、警備上の理由から入場時には金属探知機による検査と手荷物検査があります。

※本館は参観せず、前庭と主庭のみの有料の庭園参観についてはこちらでご確認下さい。

★本館及び主庭(迎賓館赤坂離宮本館(建物内)・主庭)

迎賓館赤坂離宮本館の4つの公用室と建物南側の庭(主庭)の見学は、当日受け付けと事前申し込みの2種類。有料となります。

当日、事前予約なしでの参観も可能ですが、混雑状況によっては整理券が配付される場合があります。

公開時間 : 10:00~17:00(入館受付16:00終了)

公開時間は上記の通りですが、事前予約は入館受付時間に行くことになります。

事前の申し込みはインターネットによる応募の先着順で、参観が確定した人には入館受付時間を指定した参観証がメールで送られてきます。

申込みには見学希望の代表者の氏名、生年月日、電話番号、メールアドレスと同行者の人数の入力が必要です。

事前申し込みの個人(1~20名まで)の場合、12:00~と14:00~となります。

スポンサードリンク

予約なしの場合は、西門から入場し、受付検査(手荷物、所持品等の検査)の後、券売機で入場券を買うことになるので千円札、硬貨を準備しておくと便利です。五千円札、一万円札しかない場合は、有人窓口を利用することになります。

外観の写真撮影はOKですが、本館内の写真撮影は出来ません。
来場者多数の場合は、混乱防止のため入場制限が実施されることもあります。

★和風別館(游心亭)

和風別館の見学は所要時間45分ほどのガイドツアー形式となり、有料で事前の申込みが必要です。別館入館の時間は指定されますが、迎賓館赤坂離宮本館に入館と主庭の見学も可能となっています。

申込みはインターネット応募による事前の申し込み制です。申込みには見学希望の代表者の氏名、生年月日、電話番号、メールアドレスと同行者の人数が必要です。

参観開始時間 : 下記の時間帯で第二希望まで選択出来ます。
10:30
11:00
11:30
12:00
12:30
13:00
13:30
14:00
14:30
15:00⇒2018年2月1日以降英語ガイドツアー

入場口 : 迎賓館赤坂離宮西門(学習院初等科側の門)

定員 : 各時間帯ごとに20名

和風別館のガイドツアーには小学生以下は参加できません。

迎賓館見学の料金はいくら?

迎賓館の見学の費用(料金)は下記のようになります。

★前庭(迎賓館赤坂離宮前庭)のみ
無料

★本館及び主庭(迎賓館赤坂離宮本館(建物内)・主庭 )
大人1,000円、中高生500円
(団体は大人800円、中高生400円)
です。

★和風別館(游心亭)
大人 1,500円、中高生700円
です。

迎賓館の見学の詳細、最新情報は内閣府のホームページで確認出来ます。
また、見学の事前申し込みも内閣府のホームページへ。

迎賓館赤坂離宮 参観ご希望の方へ

さいごに

利用されない時限定の公開となりますので、公開日は不定期ですが東京観光の新しいスポットになるのは間違いないですね。

見学希望者が集中しそうな日は事前に申し込みをしておいた方が安心だと思います。

※当ブログのコメント欄にご希望の日程を記入されても、こちらで予約をすることは出来ません。
迎賓館の見学の申込みは内閣府のホームページからどうぞ
迎賓館見学の詳細と申込みはこちら

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • Pocket
PAGE TOP ↑