【東名】上り&下りサービスエリアのおすすめ 渋滞中の暇つぶしは何する?

公開日:  最終更新日:2015/07/04

20150423_02

渋滞覚悟の高速道路での移動。休憩も必要ですね。

サービスエリアはたくさんあるけど、どこに入る?と思った時の参考に特徴別にまとめてみました。

最近はトイレやレストラン、お土産屋さんなどはどこもそんなに差はないと思いますので、他にはないことが出来る(ある)サービスエリアで休憩するのがおすすめです。

上り線のサービスエリア、下り線のサービスエリアそれぞれ異なりますので、行きと帰りで両方楽しんじゃいましょう。

スポンサードリンク

【東名高速】上りサービスエリアのおすすめ

東名高速道路の上り線サービスエリア

★富士山が見える★(天候にもよります)

  • 足柄SA
  • 富士川SA
  • 眼下にそびえる富士を眺められるカフェや展望室もあります。

★浜名湖が見える★

  • 浜名湖SA

★お風呂に入れる★

  • 足柄SA
  • 大人640円/子供320円(12時~翌10時)
    レストイン時之栖の金時湯に炭酸ガスの泡風呂があります。

★宿泊施設がある★

  • 足柄SA
  • レストイン時之栖(ときのすみか)
    高速を降りずに泊まれるハイウェイホテルがあります。

★朝食バイキングがある★

  • 牧之原SA
  • 営業時間/7:00~10:00(土日祝のみ)
    料金:大人970円(中学生以上)、小人580円(小学生以下)

★プラネタリウムがある★

  • 富士川SA
  • 上り線から3Fへ直結している『道の駅 富士川楽座』にあります。
    地元で採れたての野菜や果物などが売っているふれあい産品市場なども充実。

★遊具設備がある★

  • 牧之原SA
  • 足つぼマッサージ、鉄棒、背伸ばし、腹筋台

  • 浜名湖SA
  • コンビネーション遊具(滑り台・ウンテイ)

★御利益があるかも…?★

  • 富士川SA
  • 富士川トンネルの貫通石があり、その名前から受験祈願や安産祈願に人気があります。

【東名高速】下りサービスエリアのおすすめ

東名高速道路の下り線サービスエリア

20150423_fujigawa

★富士山が見える★(天候にもよります)

  • 足柄SA
  • スポンサードリンク
  • 富士川SA
  • 富士山と駿河湾の大絶景が楽しめます。

★浜名湖が見える★

  • 浜名湖SA

★お風呂に入れる★

  • 足柄SA
  • 大人640円/子供320円(12時~翌8時)
    あしがら湯 金時山が眺望できる展望風呂やひのきの香り漂うサウナもあります。

★足湯がある★

  • 足柄SA
  • 足湯カフェがあり、富士山や金時山を眺めながら入れます。

★有名なメロンパンがある★

  • 海老名SA
  • 海老名名物の外はカリカリ、中はしっとりのメロンパンが有名です。

★遊具設備がある★

  • 足柄SA
  • コンビネーション遊具(鉄棒・滑り台・ジャングルジム)

  • 牧之原SA
  • 腹筋台、背伸ばしベンチ

  • 浜名湖SA
  • コンビネーション遊具(滑り台・ウンテイ)

渋滞中の暇つぶし 子供と出来る遊び

渋滞にはまってしまったら、のんびり行くしかありません。

暇つぶしにみんなで楽しめる遊びをご紹介しますね。

  • 目に止まった車のナンバーの語呂合わせを考える

  • 車のナンバーの数字を計算して答えを10にするゲーム

  • 全都道府県を見つけられるか?「ナンバープレート探し」

  • 対象限定しりとりゲーム
  • 「車窓からみえるもの」「赤いもの」「自分の持ち物」「芸能人」「地名」「歴史上の偉人」「カタカナで表記できるもの」「自宅にあるもの」など使える言葉の種類を限定してしりとりをする

  • 最後の2文字のしりとりゲーム
  • 例 : 「とけい」⇒「けいかん」⇒「かんこう」⇒「こうえん」最後が「ん」でも続けられますが、最後から2番目の文字が「ん」になってしまったらアウトなので、難易度は上がります。
    例えば、「こうえん」⇒「えんじ」⇒「ん」から始められないので終了となってしまいます。
    最後から2文字目の小さい”ゃ・ゅ・ょ”は1文字としてカウントせずにその前の文字からにしましょう。

  • 外来語を使わずに会話する
  • ルールは英語やその他の外国語はもちろん、カタカナ語(語源の由来が外国語、スマホやテレビなど)はアウト、ひらがなで表記できるものはOKです。

特に何も用意していなくても出来るゲームや遊びです。くだらないことでも真剣にやると楽しくなります!渋滞が続くと車内の空気も悪くなりがちになってしまいますが、イライラしても進みません。車内は楽しく過ごしましょう!

20150423_01

まとめ

車内での息抜きも車外に出ての息抜きも両方必要ですね。

週末、ゴールデンウィーク、夏休み、年末年始はどうしても混みます。そんな時はサービスエリアも混んでしまいますので、トイレにどうしても行きたい時はあえて設備の少ないパーキングエリアを選ぶのがおすすめです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑