梅雨時の湿気対策 部屋&押入れはどうする?新聞紙の利用法

公開日:  最終更新日:2015/07/04

20150421_02

爽やかな時期はあっという間に過ぎていき、次に来るのはジメジメした梅雨。

今年は早めに湿気対策をして、梅雨の時期もうまく乗り切りたいですね。

出来るだけお金をかけずに出来る湿気対策をご紹介します。

スポンサードリンク

梅雨時の湿気対策 部屋が湿っぽい

エアコンの除湿や除湿器を使うのが簡単で効果は高いと思いますが、普段の生活の中でのちょっとした工夫でエアコン等を使うのは最小限に出来ればいいですね。

湿気対策で一番重要なのは換気です。外の湿度が室内よりも低ければ、換気をすれば湿度を下げられます。部屋の通気性をよくするために、特に湿気を感じていない普段から晴れた日は窓を開け、空気の通り道をつくる習慣を作りましょう。

  • キッチンの換気扇を回す
  • 特に調理中は水や食材の水分が蒸発して室内に広がってしまう前に換気扇で排気しましょう。

  • 部屋の換気は空気の入口と出口が必要なので、窓を2ヶ所以上開ける
  • 可能なら対角線上の2ヶ所を開けて、湿度と温度の熱量を外気と交換。

  • 洗濯物の部屋干しは出来るだけ避ける
  • 部屋干しをする場合は、換気扇や扇風機・サーキュレーターなどを使って反対側にある窓を少し開けて換気も同時に。

  • 湿気の多い場所 キッチンやお風呂場の窓を開けておく
  • 家具を壁に密着させず10cm位間隔をあける
  • 通気孔がある場合は、常に開けておく
  • 窓ガラスを二重ガラスにする
  • これは簡単には出来ませんが…。

★お風呂場の対策★

  • 窓を開ける
  • 換気扇を使う
  • ⇒窓も換気扇もない場合は扇風機やサーキュレーターを使って乾燥させる。

  • 蒸発したお湯が他の部屋の湿度を上げないように浴槽のフタをする
  • お風呂あがりの湯気はすぐに換気する
  • ⇒ドアをあけっぱなしにして部屋の方に逃がさないように気をつける。

◆除湿に使えるもの◆

スポンサードリンク
  • 衣服に使う粉末洗剤
  • 容器のフタにいくつか穴を開けて置いておくだけで粉末が湿気を吸収します。
    洗面所や台所などの湿気の多い水まわりはもちろん、洗剤の計量スプーン3杯ほどの粉末洗剤を新聞紙にくるんで、押し入れや靴箱の中に入れても使えます。1ヶ月位で湿気を吸い取っていたら交換し、湿気を吸った洗剤は、洗剤として洗濯に使いましょう。

  • 竹炭
  • 置いておくだけで除湿、消臭、マイナスイオン効果もあります。
    竹炭は天日干しや煮沸し乾燥等をすれば、半永久的に使用できると言われています。

梅雨時の湿気対策 押入れが湿っぽい

押入れももちろん換気が大切です。空気の流れを作るために一方を全開にするのではなく、両サイドを少しずつ開けておく方が効果的です。

また、押入れの中の通気性をよくするために「すのこ」を使っている方も多いと思いますが、空気の流れを考えて配置することも必要ですね。出来るだけすき間の幅が広い「すのこ」を手前から奥に空気が流れるように置きましょう。

隙間部分に丸めた新聞紙を入れて、湿ってきたらこまめに交換しましょう。新聞紙の中に洗剤や重曹などを入れてもOKですが、交換するときにこぼしたりしないように気を付けて下さいね。

あまりに湿度が高い日が続いてしまった場合は、扇風機やサーキュレーターで風を送ると押入れ内の湿った空気を入れ替えることが出来ます。必ず2ヶ所開けて、一方から風を入れて、もう一方から出て行くようにしましょう。

湿気取りに新聞紙 お金をかけずに出来る湿気対策

20150421_01

お金をかけずにする湿気対策に新聞紙は欠かせませんね。

上記の他にも、色々使えます。

  • 洗濯物の部屋干しする時に洗濯物の下にくしゃくしゃに丸めて置く
  • 靴が濡れてしまった場合は靴の中に新聞紙を詰めてから新聞紙で包んで風通しのよい場所で乾かす
  • 靴箱にも新聞紙を敷き、その上に乾かした靴を置く
  • バスマットや玄関マットの下など湿気がたまりやすい場所に敷いてカビ防止
新聞紙はしっとりしてきたら交換のタイミングです。湿気取りに使った後はリサイクルに出しましょう。

まとめ

梅雨時はカビや臭いのことを考えると毎年憂鬱になりますが、仕方ありませんね。

洗濯物を干す時に靴下は爪先を上に、履く側を下にして干すと早く乾くので部屋干ししなくてはいけない時にはやってみてください。

出来ることは工夫をして少しでも快適に過ごしたいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑