犬連れキャンプ【関東】ドッグフリーサイトがあるキャンプ場がおすすめ

公開日:  最終更新日:2016/01/10

20150415_01
ペットも家族の一員、キャンプに一緒に連れて行きたいけど、ずっと繋いだりハウスに入れておくのはちょっと…という場合は、ドッグフリーサイト(ペットフリーサイト)のあるキャンプ場がいいですね。

関東エリアでドッグフリーサイトのあるキャンプ場をご紹介します。

スポンサードリンク

【犬連れキャンプ】ドッグフリーサイトって何?

ドッグフリーサイト(ペットフリーサイト)とは、柵で囲まれた区画の中で犬をフリー(ノーリード)にすることが出来るキャンプサイトです。

小さめのドッグランの中にテントを設営する感じですね。プライベート感がある柵付きのサイトです。

ドッグランが苦手な子でもプライベートなドッグランですから、安心です。

20150415_02

犬連れキャンプはドッグフリーサイトがおすすめ

ドッグフリーサイトだと自宅の庭のように思いっきり走ったりすることも出来ますし、誰かがリードを持っていたりしなくてもすむので家にいる時と同じように過ごせるのがいいですね。

区画が分かれていますから、特に他の犬がちょっと苦手な場合やシャイなタイプの犬には、サイト内でフリーにしなくても安心感があります。

到着直後に普段と違う環境にテンションが上がりすぎている時には、しばらく奥まった場所にいさせたり、ハウスで少し落ち着く時間を作ってからフリーにするなどの工夫も必要ですね。

フリーサイトだから注意したいことは、ひとりで出て行ってしまうことですね。柵はあっても、誰も気にしていないと気がついたらすき間から脱走してしまったり、越えられないと思っていたのに柵を越えて行ってしまったりということがないように気を付けましょう。

以前、ドッグランで遊んでいた中型犬が突然の大きな音にびっくりして柵を越えて行ってしまったのを見たことがあります。何か突発的なことがあると「火事場の馬鹿力」を発揮してしまうこともあり得るので油断はしない方がいいですね。柵に足が掛かる場所があると意外と高い柵でも出ることがあるので要注意です。

ノーリードには出来ても、目を離さず、誰も見ていられない時には繋いだりハウスに入れておいた方が安全です。

スポンサードリンク

関東エリアのドッグフリーサイトのあるキャンプ場

関東エリアから行けるドッグフリーサイト(ペットフリーサイト)があるキャンプ場をまとめておきます。

ひとくちにフリーサイトと言っても、大きさは様々です。希望にあったサイトを探してみてくださいね。

キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原 (栃木県那須)
オートキャンプサイトとキャビンタイプ(キャビン+庭)の2種類あります。

那須高原オートキャンプ場 (栃木県那須郡)
こちらもオートキャンプとキャビンタイプの両方あります。

ACNオーキャン宝島 (栃木県塩谷郡)
1区画で2組一緒に楽しめる大きめなサイトもあります。

北軽井沢スウィートグラス (群馬県吾妻郡)
様々なタイプのキャビンやオートキャンプサイトから選べます。

小田急山中湖フォレストコテージ (山梨県南都留郡)
ドッグランサイト(ドッグフリーサイト)が2015年夏に2区画増設予定です。

まとめ

ドッグフリーサイトと言ってもフリーエリア内なら何をしてもOKという訳ではありません。吠え続けたり、柵の外の人を追いかけたりしないようにきちんと管理して、一緒にキャンプを楽しみましょう!

それぞれ施設によってルールがありますので、事前にチェックしてから予約しましょう。また、ドッグフリーサイトは数が少ないのでゴールデンウィークや夏休みなどはなかなか予約が取れないケースも。計画は早めに立てましょう!

《関連記事》
キャンプの時の虫除け対策 蚊帳は?水遊びの時はどうする?

犬連れキャンプ【神奈川県】持ち物リストと犬OKキャンプ場での注意点

犬連れキャンプの注意点 ダニ対策&ワクチンは?実際にあるトラブル

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑