車の暑さ対策 チャイルドシートも暑い!熱い!保冷剤は必要?

公開日:  最終更新日:2015/07/05

20150410_01

陽射しが強くなってくると室内はそれほどでもなくても、まず暑くなるのは屋外に駐車している車です。

直射日光が当たってしまえば車内の温度はどうしても高くなります。そんな車内で熱くなっているチャイルドシートにそのまま乗せるのは心配ですね。

今回は、出来るだけ早く車内の温度を下げる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

車の暑さ対策 車内温度をすぐ下げる方法

車内の熱気に出て行ってもらう方法

1.どちらか片側の後方の窓を1ヶ所だけ全開にします。
2.対角線のドアを5回ほど開け閉めします。

運転席のドアを開け閉めする場合は、助手席側の後方の窓を開けるということです。これで、車内の熱い空気が出て行くので、外気とほぼ変わらなくなります。

これだけでもかなり車内温度は下がりますが、ダッシュボードやハンドルも熱い場合は、水で濡らしたタオルで拭きましょう。何度か拭くと触れないくらい熱いということはなくなります。エアコンの吹き出し口の熱もとっておくとクーラーの効きもよくなります。夏場は常に車にハンドタオルなどを準備しておくと便利です。

また、フロントガラスの温度はウィンドウォッシャーで窓を掃除することでも下がります。同様に可能な場所なら車のルーフに水を掛けると全体的に温度は下がります。バケツで水をかけてもいいし、ご自宅ならホースで水をかけてもいいです。車の水浴びですね。ただ、日差しが強い時は水滴をそのままにしておくと跡が残ってしまうこともあるので、洗車後のようにきちんと水を拭き取ってから出発しましょう。

20150410_02

車の暑さ対策 チャイルドシートが熱い

とりあえず車内の温度は一段落しても、熱いチャイルドシートにそのまま乗せるのは心配ですね。特に小さい子供はただでさえ汗をよくかくし…。

可能ならばチャイルドシートを車内に置きっぱなしにはせず、車に乗せる時に毎回セットすると熱々ではなくなります。

また、出先で屋外に駐車する場合は、車から離れる時に保冷剤をチャイルドシートに置き、直射日光をさえぎるためにバスタオルを全体に掛けておくといいでしょう。長時間では無理ですが、保冷剤が冷たいうちに戻ってくるようであれば効果はあります。
車移動の時は予め保冷剤を凍らせて、クーラーボックスなどに入れておくといいですね。

スポンサードリンク

子供は体温調節も大人よりもうまくありませんから、よりこまめな水分補給と汗をかいたら着替えもしつつ、うまく夏場の移動も切り抜けましょう。

チャイルドシートに保冷剤は必要?

チャイルドシート用の保冷シートも売っていますね。どうしても必要なものかは微妙ですが、車に乗せる頻度や時間帯に寄ってはあったら便利だと思います。数年使えることを考えるとそんなに高価なものでもないですし。

スーパーなどで食品の保冷用にもらう保冷剤と違うのは、保冷剤がカチカチにならないところです。温度調整シート入りで冷え過ぎたりはしないとなっていますが、感じ方も個人差がありますからクーラーが効いてきたら様子をみて保冷剤を外したりすることも必要ですね。

その日の気温や駐車時間、駐車した場所(日陰/炎天下)によって工夫をして少しでも快適な車内にしてあげましょう。

まとめ

夏の陽射しの中に車を停めると一気に気温が上がりますから、人間はもちろんペットを短時間でも留守番させるのは絶対に止めましょう。

また、食品類もすぐに悪くなってしまうので危険です。食品はクーラーボックス内でも置いておくのは避けた方がいいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑