横浜八景島のあじさいは穴場!八景島のあじさい写真 入場料はかかる?

公開日: 

2018年6月9日から始まった横浜八景島の第18回「あじさい祭り」に行って来ました。

同じ6月のあじさいの見頃の平日の朝でも、鎌倉の明月院とは対照的に空いていて、のんびり様々な種類の紫陽花を楽しめました。

スポンサードリンク

横浜八景島のあじさいまつりへ

梅雨の中休みの雨が降っていない平日の朝に八景島へ。


オープンするのが8時半ということで八景大橋の方の入り口に到着したのが8時29分頃、8時半になったら音楽が鳴って警備員さんが門を開けてくれました。

開くのを待っている人は数人のみ、中に入って行ってもほぼ人に会いません。


2018年のあじさい祭りは6/9(土)から7/1(日)までの期間、朝8:30~20:00(土・日は21:00)まで開催されています。

期間中「あじさい八景島見どころスタンプラリー」をやっていて、島内に8ヶ所ある紫陽花スポットにこんなスタンプのスポットがあります。


どこにどんな紫陽花が咲いているのかが分かるので、特に特典が欲しかった訳ではないのですが押してみました。


各インフォメーションやスタート・ゴール地点に↑こちらの用紙があるので、スタンプを押す押さないにかかわらず貰っておくといいと思います。

こちらがスタート地点付近。

海と紫陽花の写真はスタート地点近くで撮れます。

八景島のあじさいが咲いている場所は丘になっているので、坂を上がっていく感じです。

道幅が広く、そんなに急な坂ではありませんが、結構長いです。

丘の上まで上がると広場にはバラも咲いていました。(見頃は過ぎていましたが)


紫陽花のそばにはベンチもあります。

八景島 あじさいだけなら入場料は無料

様々な種類のあじさいが咲いていて、大きなカメラで花の写真を撮っている方もいましたが、空いてます。

むしろゆっくり花の写真を撮りたい人にはいいですね。他の方の邪魔にならずゆっくり撮れると思います。


そして、何よりも八景島のいいところはこれだけたくさんの種類の紫陽花が一度に見られるのに、無料だと言うことです。

各アトラクションに乗る場合は料金が掛かりますが、島内を散歩するだけならタダなので、紫陽花も当然見放題です。

スポンサードリンク

八景島のあじさい写真

八景島オリジナルの「八景ブルー」もきれいに咲いていました。

可愛い感じのあじさいでした。

こちらはピンクアナベルという種類らしいです。


見ようによってはハートの形っぽく見えます。

こちら↓のあじさいの滝エリアでは、今年から夜になると竹灯篭でライトアップされるそうです。


ライトアップされていない朝でも、ここのエリアは階段の幅が狭いので両側から迫ってくるように紫陽花が咲いていて迫力があります。

ちょうどこの辺りでうぐいすが鳴いていました。

さいごに

八景島に散歩に行くなら、紫陽花の時期以外ないでしょうと思うくらい紫陽花が満開で良かったです。

今年は桜やツツジ、バラもそうでしたが、紫陽花も例年よりも早めなので行かれる方はお早めに。あじさい祭りは始まったばかりですが、もう見頃です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑