高尾山の天気 11月の寒さと長期予報 混雑は平日も?

公開日: 

都内だけでなく、関東エリアから日帰りでも行きやすい高尾山。

一年中多くの観光客で賑わいますが、紅葉シーズンとなる11月も人気です。

出発前に11月の高尾山の天気と気温をチェックしておけば、服装や持ち物などの準備もしやすいですね。

行く日が選べるのなら、いつがいいのか、天気予報も気にしつつ出掛ける日を決めましょう。

スポンサードリンク

高尾山の天気 11月の天気予報

出発数日前に高尾山に行く予定日の天気予報が見たい場合はこちらのサイトが便利です。

⇒⇒⇒高尾山(ふもと)の天気予報

下の方にスクロールしていくと、高尾山付近の数値計算結果も見ることが出来ます。

この数値は気象予測で天気予報ではないそうですが高度別・時間帯別になっているので参考になりますね。

まだどの日に行くかはっきり決まっていない場合、長期の天気予報はこちらで見ることが出来ます。

こちらの天気予報サイトは3ヶ月先までの天気予報が見られるので、計画段階で気温の変化等をチェックしておくのに役に立ちますね。高尾山のある高尾町の天気予報となります。

⇒⇒⇒高尾町の天気(2017年11月の天気予報)

翌日の天気予報がハズレることもあるくらいですから、長期予報はおおらかな気持ちで「参考」にしてくださいね。

最新情報は常に確認出来るように、スマホに雨雲レーダー付きのお天気アプリを入れておくといいですね。

高尾山の11月の寒さは?

例年、高尾山の紅葉は11月中旬から12月初旬にかけてが見頃の時期となります。この時期に合わせて例年11月1日から11月30日まで「高尾山もみじまつり」も開催されます。

気温がある程度下がらないと紅葉もしませんので、11月後半にかけてかなり冷えてきます。

山登りは動いている間は暖かかったり、時には暑かったりしますが止まって少し経つと急に寒くなることもありますから、重ね着は必須ですね。山頂でひと休みの時に寒く感じることもあります。

荷物はあまり多くなりすぎない方がいいですが、ニット帽や携帯カイロなどは念のため持っていくといいでしょう。

天気予報に雨マークがなくても、防寒具と兼用にもなるので雨具があると安心です。

また、首に巻くスカーフやマフラー、なければタオルがあると風に吹かれた時に首元が寒くなりません。

夕方は17時にもなると日没で太陽が沈むと一気に気温が下がります。まだ陽がある15時頃から日陰は寒くなりますので、午後まで高尾山にいる予定の場合は日没後の防寒対策も考えておきましょう。

スポンサードリンク

高尾山 11月の混雑具合 平日も混んでる?

高尾山の紅葉シーズンの週末と祝日は間違いなく混んでいます。平日も週末と比較すれば人出は少なくなりますが、空いているとまでは言えないような状況です。

土日祝日は山頂に到着しても座る場所がないくらいですが、平日はそこまではいかないでしょう。

紅葉目的でも人だらけなのは避けたいのなら、11月中旬くらいの山頂が色づき始める頃の平日の天気のいい日を選んで行かれるといいと思います。

お天気がいいと紅葉だけでなく山頂から綺麗な富士山が見えるはずです。

人の多さは当日の天候にも左右されますから、お天気がイマイチな方が晴れている日よりも人出は少なくなるので人の多さを考えれば悪くないと思って出掛けるのもいいのではないかと思います。

ただし、どちらにしてもこの時期に行くのであれば、紅葉シーズンの高尾山に人の少ない日はないと割り切って行くことをおすすめします。

さいごに

最近は日本のどこであってもお天気の急変には気を付けなければなりませんね。急な雨や強風、雷などはどこであっても起こりえます。

気軽に行ける高尾山であっても山ですから、天候の変化には十分に注意して安全第一で楽しんできて下さいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑