横浜の夏休みイベント2017はピカチュウだけじゃない!どこへ行く?

公開日: 

2017年に開催される横浜の夏のイベントをご紹介します。

恒例になったピカチュウの大量発生や3年に一度のヨコハマトリエンナーレ、2014年以来のヨコハマ恐竜展など今年の夏も盛りだくさんです!

スポンサードリンク

横浜の夏休みイベント ピカチュウは今年も大量発生

4回目となるこの夏もピカチュウが大量発生します。

★ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!

2017年8月9日(水)~15日(火)の間、昨年を500匹以上上回る1500匹以上の「ピカチュウ」がみなとみらいに集結します。

毎年同じイベントを同じようにはやらないそうで、年々パワーアップしています。

ピカチュウ大行進! 踊る?ピカチュウ大量発生チュウ!

8月14日(月)に日本大通りで実施予定の「ピカチュウ・カーニバル・パレード」は登場するピカチュウが昨年の50匹から2倍の100匹となり「空」や「海」にもピカチュウが登場する予定だそうです。

昨年までは桜木町駅前、横浜ランドマークタワー、クイーンズスクエア横浜、MARK IS みなとみらい、日本丸メモリアルパーク、パシフィコ横浜、横浜ワールドポーターズ、赤レンガ倉庫など広範囲に渡っての開催となっています。

横浜ランドマークタワーとMARK IS みなとみらいでは、7月15日(土)~8月31日(木)まで『ピカチュウ うきうきお出かけチュウ!』として様々なイベントが予定されています。

各イベントの詳細は下記のホームページ等で最新情報をチェックしてから出掛けましょう。

横浜ランドマークタワー

クイーンズスクエア横浜

MARK IS みなとみらい

日本丸メモリアルパーク

パシフィコ横浜

横浜ワールドポーターズ

横浜赤レンガ倉庫

ピカチュウのキレキレのダンスは子供だけでなく大人も楽しめます。
踊る?ピカチュウ大量発生チュウ! ピカチュウ ダンス・ダンス・ダンス

今年はヨコハマトリエンナーレも開催

3年に1度開催される現代アートの国際展、横浜のトリエンナーレ。

今年はヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」と題され、『「接続」と「孤立」をテーマに、相反する価値観が複雑に絡み合う世界の状況について』考える展示となります。

日程:8月4日(金)~11月5日(日)

お休み:第2・4木曜日
(8/10、8/24、9/14、9/28、10/12、10/26)

会場:横浜美術館/横浜赤レンガ倉庫1号館/横浜市開港記念会館(地下)ほか

開場時間:10:00~18:00(最終入場は17:30)

公式ホームページはこちら

鑑賞券は
一般:前売1,500円/当日1,800円
大学・専門学校生:前売900円/当日1,200円
高校生:前売500円/当日800円
中学生以下:無料

となっています。

前売券は8月3日まで販売されます。

会場が3つあり、会期中に1回ずつ入場が出来ます。11月5日までやっていますので別会場に行くのは別の日でもOKです。

また、会場間無料バスが運行されるので会期中、ヨコハマトリエンナーレ2017チケットがあれば横浜美術館と横浜赤レンガ倉庫とBankART Studio NYK付近、初黄・日ノ出町地区(黄金町エリア)を結ぶバスが利用できます。

夏休みの課題などにも利用できると思いますが、その場合はある程度事前に下調べをしていくことをおすすめします。

スポンサードリンク

ヨコハマ恐竜展も2017年に帰ってくる!

2014年以来のヨコハマ恐竜展、パシフィコ横浜の展示ホールで開催されます。

日程:7月15日(土)~9月3日(日)

時間:10:00~16:30(最終入場は16:00)

料金:大人1,800円、中学生以下900円(3歳以下は無料)

前売りは7月14日までで大人1,400円、中学生以下700円となっています。

今回は「恐竜研究室」「恐竜の森」「恐竜FUNランド」の3つのゾーンが楽しめます。

◆恐竜研究室
アメリカのブラックヒルズ地質学研究所の特別協力のもと、暴君王ティラノサウルス「スタン」がトリケラトプス「ケルシー」に襲いかかろうとする迫力の一瞬を捉えた対決展示が日本初公開となります。

◆恐竜の森
全長12mのティラノサウルスをはじめアメリカからやってきた17体、全10種の恐竜が動き、ほえる!パシフィコ横浜に日本最大級の太古の森が出現します。

●恐竜の種類
ティラノサウルス
トリケラトプス
オルニトミムス
コエロフィシス
パラサウロロフス
デイノニクス
アマルガサウルス
ブラキオサウルス
ディロフォサウルス
ディメトロドン

◆恐竜FUNランド
ハケを使ってティラノサウルスの骨格を掘り出す化石発掘体験や化石が出来る過程など、化石発掘にまつわるトリビアを学ぶことが出来ます。また、自由に触ったりまたがったり出来るパキリノサウルスと一緒に写真撮影も。

こちらも子供も大人も楽しめますし、自由研究などの夏休みの宿題にも役立つでしょう。

また、近くのカップヌードルミュージアムとのタイアップ企画でヨコハマ恐竜展の入場券を提示するとカップヌードルミュージアムの入場料(大学生以上の大人500円)が無料になります。

カップヌードルミュージアムにも行きたい場合でネット等でチケットを購入した方は先に恐竜展へ行きましょう。またカップヌードルミュージアムは火曜日が休館日ですので火曜日以外を選んで下さいね。

さいごに

横浜美術館、パシフィコ横浜、ランドマークプラザ等は徒歩圏内ですが、色々見て回りたいと思ったら1日では足りないくらいですね。

日を改めて夏休みを使って楽しむのもいいでしょう。

また、8月の週末はよこはま夜の動物園も開催されます。詳しくはこちらの記事でどうぞ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑