男の汗対策 営業マンの夏はキツイ 夏の汗対策グッズ

公開日: 

今年もやってくる暑い夏。年々暑い時期が長くなってきている気がします。

夏は誰でも汗をかくものですが、そうは言っても汗臭い男だと思われるのは出来れば避けたいものですね。

スポンサードリンク

男性営業マンの夏の汗対策

会社やお店、電車の中などはクーラーがきいていても、電車に乗るまでなどのちょっとした移動だけでも汗をかいてしまいます。

ハンカチ等で拭くのはもちろんですが、拭くだけではなかなかおさまらないことも。出来れば汗取りシートやウェットティッシュでこまめに拭き取りたいですね。臭いやシミの元になる前に拭き取ってしまいましょう。

男性用としてはギャッビーのフェイシャルペーパーがメジャーですね。分厚さと清涼感で人気です。

コスト重視の場合はフェイシャルペーパーよりもウェットティッシュなら枚数を気にせず使えるでしょう。

普段使いはウェットティッシュで外回りの営業などで客先に行く前にはギャツビーのフェイシャルペーパーでスッキリしてから出向くなど使い分けをしてもいいですね。

また、小さい保冷剤で首や腋の下を冷やすのも汗を止めるのには効果的です。レディース用のかわいい柄のものが多いのですがポーチ型のハンカチタオルなどに入れて持ち歩くといいと思います。冷やすのは首のうしろが気持ちがいいですが、体中を冷やすのなら頸動脈や腋の下がいいでしょう。

KEYUCA(ケユカ)のポーチ型ハンカチタオルならメンズ用にも。
ペットボトルも入ります。

電車の場合は余裕があるのなら朝早めの空いている電車に乗るのも意外と暑さ対策になるでしょう。

また外回りでの日中の外出も時間の余裕があると早く歩くこともなく、ちょっと早めに目的地に着けば近くのビルやコンビニなどのクーラーのきいた場所で汗が止まるのを待ってから相手先に訪問することも可能になりますね。

日傘や扇子、制汗スプレーなども上手く利用しながら暑い夏を乗り切りましょう。

男なのに日傘?と思われるかもしれませんが、日傘は紫外線にも暑さ避けにも一番効果的です。

メンズ用の晴雨兼用の折りたたみ傘もあるので突然のゲリラ豪雨用と兼用でカバンに1本入れておいてもいいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

夏の汗対策グッズ

上記の他にも夏の汗対策に使えるグッズをご紹介したいと思います。

外回りから会社に戻ったあとになかなか汗がひかないような時に便利なのが熱をさます用のシート。「冷えピタ」などを小さめにカットして腋の下や頸動脈に貼って冷やすと汗がひいてきます。

冷えピタシートでは物足りない方には携帯用の扇風機も。直接風を当てることが出来れば汗がひくのも早くなり、濡れてしまっても乾きますから臭いの元になってしまう可能性も低くなりますね。

楽天市場で携帯用扇風機を探す

オフィスで扇風機を使ったり、冷えピタシートを貼るのは難しい場合は汗のべたつき対策に事前にベビーパウダーをつけておくのもいいですね。朝つければ1日中大丈夫という訳でありませんが、外では汗を拭きにくい背中などに事前につけておくといいでしょう。

ベビーパウダーぐらいじゃおさまらない程汗が出てしまう場合に便利なのは汗ワキパット。女性用と思われがちですが、メンズ用もあります。

また、レンタルブティックや結婚式場の衣装合わせの時などに利用される大きめの業務用の汗ワキパッドはこちら。
使い捨てですが薄くても吸水性に優れています。

汗だけじゃなくてどちらかと言うと臭いが気になる場合は臭ピタッ!のようなものも併用していくといいかもしれません。

さいごに

お金をかけた対策ではなくても、最低限のエチケットとして出来るだけ汗臭くないようにはしていきたいですし、自分自身も涼しく快適に過ごせる工夫はしていきたいですね。

毎年やってくる夏、諦めずに対策をしていきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑