東京ドームで初めての野球観戦 おすすめの席と持込み不可なものは?

公開日:  最終更新日:2017/04/12

今年もプロ野球のシーズンがやってきました。WBCを観てから野球観戦に行ってみようかなと興味を持った方もいるのでないでしょうか。

今回は初めての東京ドームでの野球観戦で、席種がありすぎてどこの席を取ったらいいのか分からない場合のおすすめの席、また東京ドームへ持ち込んではいけないものなどについてまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

東京ドームで初めての野球観戦

東京ドームに限らずですが、外野席は熱心なファンが多いですので初めての野球観戦の場合にはあまりおすすめはしません。また、立ち見席もやめておいた方がいいでしょう。

野球の試合自体を落ち着いて楽しめる内野席がおすすめです。基本的にホームチームが1塁側/ライト側となりますのでジャイアンツが1塁側、対戦チームが3塁側となります。

チケットの購入は週末や夏休みの人気のカード以外の公式戦で席のこだわりが強くなければ大抵の場合は取れるでしょう。ただ、直前になると立ち見席しか残っていなかったりということもありますので、出来るだけ早めに購入しましょう。

チケットを取る時にネットで座席表を見て決めることも可能です。東京ドームは席の間が比較的狭いので席を選ぶ場合、通路に近い席の方が売り子さんから飲みものを買ったり、トイレに立つ時にも気を遣わなくてすみます。

当日は練習風景を見ることが出来ますので、時間が許せば試合開始の1時間以上前から行って楽しみましょう。トイレの位置も事前にチェックしておくとイニング間に行く時にもスムーズで時間短縮になりますね。

東京ドームでは入場の時に手荷物検査があり、ひとりひとり回転ドアから入ることになりますので駅に到着してから座席に着くまでも時間がかかることを想定しておいた方がいいです。

東京ドームのおすすめの席は?

おすすめは内野席と言っても内野席にも種類がたくさんあります。その中でもあまりおすすめしない席は指定席S、指定席A、指定席Bの後方の席です。東京ドームの1階席の後方は傾斜もそれほどきつくなく、あまり見やすいとは言えないのです。

通常、チケット料金が高い方が見えやすい席だと思いがちですが、そうとも限りません。内野席1階の前方であればいいですが、後方ともなると2階前方の方が見晴らしがよく全体が見渡せることも。しかもチケット料金が安い

★巨人公式戦の主な席種の料金(2017年)
指定席S : 6,200円
指定席A : 5,400円
指定席B : 4,000円
指定席FC : 2,600円
指定席C : 2,400円
指定席D : 1,700円
外野指定席 : 2,200円
立ち見 大人 : 1,000円

5,400円の指定席Aで前方の席が取れないのなら、2,400円の指定席Cもしくは2,600円の指定席FCの方が高い位置から見下ろす形にはなりますが、グラウンド全体がよく見え選手の動きや守備位置も分かりやすいです。

指定席Bよりも指定席Cなら1,600円も安くなります。その分食事を豪華にしたり、グッズを買ったりするのもいいですね。

応援することがメインで行きたい場合、立ち上がって応援できるエリアはオレンジシート、内野ビジター応援席、外野席となります。この席以外でも応援の雰囲気も楽しみたい時はこの応援エリアに近い内野席を選ぶといいでしょう。

東京ドームのホームページで色々な席からの写真が見れますので、参考にどうぞ。

スポンサードリンク

東京ドーム内に持ち込み不可なもの

通常、野球場には持ち込んではいけないものがあります。

東京ドームへの持ち込み禁止の主なものは、公式のホームページにもありますが

・ビン、缶、ペットボトル類
(凍らせたもの・500mlを超えるもの)
・アイスボックス類
・ぺット(身体障がい者補助犬を除く)
・過度な座席確保を目的とする物
・自席範囲を超えるサイズの大きな手荷物
(ベビーカーは入場ゲートで預かってくれます)

この他、危険物など他の人に迷惑を及ぼすと判断される物品は持ち込み禁止となっています。また、紙テープ、紙ふぶき、ジェット風船の使用は出来ません。

ビン、缶は入場後に紙コップに移し替えるテーブルがあるので、そこで移し替えます。通常、係の人がやってくれます。

ペットボトルは500mlを超えず凍っていないものはそのまま持ち込みOK、大きいサイズのものはビン、缶と同様に移し替えることになります。500ml以下と言っても、最近はちょっと大きめなものもありますが555ml程度ならそのまま持ち込めるはずです。

紙パックや水筒はそのまま大丈夫です。ただ、魔法瓶タイプの水筒は移し替えの上で預かりの場合もあるようです。

食べ物に関しては問題なく持ち込めます。

球場内にも食べ物や飲みものを購入出来るところはたくさんありますが、当然外よりも価格設定は高めですし並んでいることも多々ありますので事前に準備しておいた方が無難ですね。お菓子類も売っています。

座席にドリンクホルダーはついていますが、スペースが狭いのであまり使い勝手はよくないと思っていた方がいいでしょう。

さいごに

テレビで見ていると応援グッズ(メガホン等)やレプリカのユニフォームを着ている人を多く見かけるかもしれませんが、なくても問題はありません。

とにかく座席は狭いので荷物を入れて席の下に置く時用に大きなビニール袋(ゴミ袋)があると便利ですね。

どの席がいいかは最終的には個人の好みによるところが大きいですが、テレビ観戦ではない球場ならではの臨場感や打球の音を楽しんできて下さいね。

特に席にこだわりがなく、とりあえず野球観戦が出来ればいいし、宿泊も手配したいと言う時は東京ドームホテルの巨人戦観戦宿泊プランを利用するのもありですね。

《関連記事》
東京ドームの指定席D引換券は座れるの?巨人戦の立ち見はどう?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑