ハワイへ初めての旅行 お金の準備とチップ

公開日: 

20161124_01
初めてのハワイ旅行、楽しみですね。

準備が具体的になってくると、現金はどれくらい持って行く?クレジットカード、トラベラーズチェック(T/C)は?チップはどうする?などお金のことが気になりますね。

初めてのハワイ旅行へ行く時のお金の準備とチップについてまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

ハワイ旅行 初めて行くのにお金はどうする?

ハワイは基本的にクレジットカードがあれば、買い物や食事は特に問題なく過ごせます。ただ、どうしても現金(キャッシュ)が必要になることはあるので、出発前に現金も準備しておくと安心です。

比較的治安は悪くないと言ってもハワイは外国ですので、現金はあまり持ち歩かない方がいいですね。目安としては6日間のツアーで行くのなら200~300ドル(2~3万円程度)もあればカードでの支払いと併用で問題ないでしょう。

キャッシュはホテルやタクシーに乗った時のチップに必要になります。また、屋台のようなところでの食事やフリーマーケットでの買い物などで必要になることもありますね。

トラベラーズチェック(T/C)を持って行く場合も100ドル程度は現金があると安心です。通常、ホテルでもT/Cから現金に替えてくれますので現金に両替したら、その時必要な分だけ持ち歩く方が安全ですね。

日本円から米ドルへの両替レートは現地よりも日本で交換していく方がいい場合が多いですし、交換する手間や時間などを考えると出発前に事前に準備しておいた方がいいでしょう。

お札は100ドル札などの高額紙幣は盗難や紛失時の被害が大きくなりますし、偽札チェックをされたりするなどお店での支払いにもあまり喜ばれないので、出来れば20ドル以下で準備しておきたいですね。1ドル札とコインのクオーター(25セント)は常に手元にないと不便なことが多いです。お釣りがもらえる買い物や食事などの時には大きいお札を崩しておくと便利です。


20161124_02

クレジットカードは複数枚持っていきましょう。VISAかマスターがあれば困ることはありませんが、ハワイの場合はJCBカードがあるとアラモアナに行くルートのワイキキ・トロリーに無料で乗ることが出来るのでJCBカードが手元にあれば持っていくといいですね。

クレジットカードは1枚だけだと盗難や紛失した場合やお店によって使えなかったり、カードに不具合があったりと色々と考えられますので、2枚以上あった方が安心です。

また、高額な買い物を予定しているのなら、カードの限度額もチェックしておきましょう。

キャッシュが足りなくなるのがどうしても心配という方や必要な分だけ現地のATMから出したい、または事情があってクレジットカードを持っていないという場合は、海外専用のプリペイドカードもあります。

クレジットカードではないので入会審査はなく、入会費・年会費・口座管理手数料やカード発行手数料なども掛かからず、出発前に日本で専用口座に入金しておけば現地のATMから米ドルを引き出すことが出来るカードです。

また、このプリペイドカードMoneyT Globalは海外のVisa加盟店では、買い物や食事の時の支払いにも利用できます。JTBのサービスなので、困った時には「JTB海外トラベルデスク」で日本語で対応してくれます。

気になる方はこちらで詳細が確認出来ます。
⇒⇒海外専用トラベルプリペイドカード

また、パッケージツアーでハワイに行く場合、参加したいオプショナルツアーの支払いが現金のみというケースもあるのでその分は別に準備しておきましょう。金額が大きい場合はT/Cで持って行き、現地でキャッシュにするかプリペイドカードなどを利用して必要な時に引き出せば現金を持ち歩かずに済みますね。

スポンサードリンク

ハワイ旅行 初めてだと気になるはチップ

ハワイに行ったら、チップのためにある程度の現金を持っていることが必要です。

チップはいつ、どんな時にどれくらい必要になるかですが、ホテルで荷物を運んでもらったり、タクシーを呼んでもらったりした時、またハウスキーパーに部屋を掃除してもらった時やタクシーに乗った時にも必要になります。

チップは日本にはない習慣なので、初めはなかなか慣れませんが郷に入っては郷に従えですのでチップはケチったりせずスマートに支払いましょう

★ホテルでのチップの目安★

◆荷物を運んでもらう : 荷物1個につき1$~1.5$

◆タクシーを呼んでもらう : 1~2$

◆ベッドメイク : 1泊1ベッドあたり1$~1.5$程度
ベッドサイドのテーブルに置いておくといいでしょう。

◆ルームサービス : 注文金額の10~15%を運んできてくれた方に。

毎回払うと高い!と感じるかもしれませんが、日本のホテルなどはサービス料込みの料金が表示されることが多いので、気になっていないだけで支払っていることに変わりはありません。

ホテルによって違いますが日本の場合、10%~20%のサービス料が掛かっていることを考えれば、チップの方がむしろ安いくらいだと思います。特に新婚旅行でいいホテルに泊まった場合は、カッコよくチップを支払えるといいですね。

また、タクシーに乗った時にもメーター料金の15%程度を上乗せしてチップとして渡しましょう。

そして、レストランでも注文金額の15%~20%のチップが必要になります。レストランによっては請求額に既にチップが含まれていることもあるので、支払い前に必ず確認しましょう。通常は、「Tip」「Gratuity」「Service」などと表記されています。精算時に一緒に支払うか、精算後にテーブルに置いてもOKです。

食事代をクレジットカードで支払う場合は、カード用のサインをする伝票のTipやGratuityなどと書いてある欄に自分でチップの金額を加え、食事代とチップ代の合計金額がカード会社から請求されることになります。なので、カード払いの場合はチップの分の現金を持っていなくても大丈夫です。

数字だけでなく、金額の前には必ず$マークをつけておくと書き加えられたりするようなトラブルを防ぐことが出来ます。ただ、チップに慣れていない日本人だと思うと既にチップを加えた金額で伝票を持ってきていることもありえますので、しっかりチェックしてから支払って下さいね。

帰国前に現金が余っているような時はカードでは食事代だけ支払い、現金でチップを置いていくことも可能です。

ビュッフェスタイルのレストランの場合も何かしらのサービスはあるので、フルサービスのレストランよりは若干少なめでも気持ちよく時間を過ごせたならチップは気持ちよく払いましょう。

1ドル札は、チップ用として20ドル分くらいあると安心ですね。

さいごに

現金もカードもですが、まとめて持たずに分散しておいた方がより安全です。パスポートも家族分一緒にまとめて持ち歩いたりせず、それぞれ管理しましょう。

初めてだと色々と心配ごとも多いと思いますが、海外ですので用心はしつつもハワイを楽しんできて下さいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑