野島公園で潮干狩り 潮見表から行く日時を決めよう マテ貝も取れる?

公開日: 

20160121_01
2016年の潮干狩りシーズンに野島公園へ行くのなら、潮見表で大潮・中潮の日と干潮の時間をチェックしてから出掛けましょう。

今年の潮見表から潮干狩りに適している日をピックアップしてみました。

行く日を決めたら、潮見表で潮位の一番低い時間確認して行く時間も決めましょう。潮位が一番低い時間の前後2時間が一番潮干狩りがしやすい時間帯になります。

スポンサードリンク

野島公園で潮干狩り 潮見表をチェック!

今年はゴールデンウィークの後半が潮干狩りにいい時期に当たるので混雑が予想されますね。行けるのであれば、ゴールデンウィーク前の4月の9~10日、23~24日の週末が狙い目かもしれません。

★2016年の潮干狩りに適している日
◆2016年4月
・4/8(金)~4/12(火)
・4/23(土)~4/26(火)

4月は9日(土)&10日(日)の週末がベストタイミングです。

◆2016年5月
・5/6(金)~5/11(水)
・5/21(土)~5/26(木)

5/6(金)から5/8(日)あたりが潮干狩りに最も適していますが、ゴールデンウィーク中ですので混雑は覚悟で行きましょう。

◆2016年6月
・6/3(金)~6/9(木)
・6/18(土)~6/24(金)

6/4(土)から6/7(火)も潮干狩り最適日ですね。平日でもOKなら6日&7日がお勧めです。

◆2016年7月~8月
・7/2(土)~7/8(金)
・7/18(月)~7/23(土)
・7/31(日)~8/5(金)
・8/16(火)~8/20(土)

7月以降も潮干狩りが出来る日はありますが、6月までがピークシーズンにはなりますね。
上記の前後の日や3月にも潮干狩りが可能な日はありますが、より潮の引きが強い日の方が潮干狩りに適しています。

潮干狩りに行く日が決まったら、最大干潮の時刻をチェックして、その前後2時間くらいに潮干狩りが出来るように準備していきましょう。

横浜 根岸エリアの潮見表

印刷したい場合はこちらのPDFになっている海の公園の干潮時刻表が便利です。

野島公園の駐車場についてはこちらの記事でどうぞ。
横浜の潮干狩りは海の公園だけじゃない!野島公園は穴場?!

スポンサードリンク

野島公園での潮干狩り マテ貝の取り方

野島公園でも海の公園でもマテ貝をとることが出来ます。潮が引いている時にマテ貝を狙いましょう。

マテ貝を取るのに必需品は塩です。砂を削る鍬やスコップ、とれた貝を入れる容器や網と共にサラサラのお塩を準備しましょう。サラサラがポイントです。

砂地の表面を削るように掘ると小指大の小さな穴があればそれがマテ貝の穴です。その穴に塩を入れてちょっと待っているとマテ貝が出て来ますので出て来たところを捕まえて引っ張りあげましょう。

マテ貝の取り方はこちらの動画が参考になります。
マテ貝 採り方を達人が伝授ww そのポイントは・・・

マテ貝は塩を穴に入れると急に塩分の濃度が上がったことにビックリして出てくるそうです。

一度失敗して取り損ねるとそのマテ貝はなかなか捕まりません。慌てずしっかり出て来たところを捕まえましょう。

見た目はそんなに美味しそうには見えないかもしれませんが、酒蒸しやバター醤油+ニンニクで炒めたり、フライにしてもいけます。

さいごに

潮干狩りは出来る日も時間帯も限られてしまいますから、海の公園と共に野島公園も大変混み合います。

ゴールデンウィークや週末に車で行くのなら、かなり早めに到着するように準備が必要ですね。

今年は特にゴールデンウィーク終盤に行くのなら、電車などで行くことも検討した方がいいでしょう。

《関連記事》
海の公園へ潮干狩りへ行こう!GW駐車場は入れる?あさりの安全性は?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑