横浜でお花見できる夜桜スポット 屋台は?お散歩デート出来る場所は?

公開日:  最終更新日:2017/04/08

20160117_02
横浜エリアのお花見スポットはたくさんありますが、今回は場所取りをしてみんなで宴会を楽しむタイプのお花見ではなく、散歩しながら夜桜見物が出来る場所をご紹介したいと思います。

ライトアップされた夜桜と横浜の夜景を一緒に楽しみましょう。

スポンサードリンク

横浜でお花見 おすすめ夜桜スポットは?

まずは、みなとみらいの「さくら通り」。毎年、開花の時期に「みなとみらいさくらフェスタ」が開催され、週末にはパレードや周辺施設の無料開放などのイベントもありますが、ライトアップは平日もあります

「さくら通り」は、JR桜木町駅から横浜ランドマークタワー、そしてパシフィコ横浜へと続く桜並木です。約500mの通り沿いに109本の桜が咲きます。

例年、3月末から4月初旬にかけての週末から週末の9日間に開催される「みなとみらいさくらフェスタ」では18時~24時の間、よこはまコスモワールド 大観覧車「コスモクロック21」やコレットマーレがこの期間限定のさくら色にライトアップされます。

「みなとみらいさくらフェスタ」の開催時期の最新情報はみなとみらい21公式ウェブサイトで確認してみてください。

みなとみらいにわざわざお花見に行くイメージはあまりないかもしれませんが、満開の時は本当にきれいです。さくら通りだけでなく、汽車道にも桜がありますし、みなとみらいの夜景と桜の両方楽しめるのはこの時期だけですので、昼間もいいですが、特に夜桜がおすすめです。

横浜で夜桜と屋台を楽しむなら

横浜のお花見と言えば、桜木町駅付近から弘明寺駅方面の大岡川沿いの桜並木は外せませんね。約500本の桜が咲き、夜には約1500灯のぼんぼりに照らされます。

ぼんぼりの点灯は17時~24時の予定。

2017年は3月18日(土)~4月9日(日)の予定となっています。

満開の時期もいいですが、散り始めると大岡川の川面が散った花びらでピンク色に染まっていくので、散り始めてからも楽しめます。

川沿いにはたくさんの屋台も出て、色々と味わいながらのお花見も可能です。お花見船も運行されるので、船上から桜並木を見上げることも出来ます。
横浜・大岡川の夜桜/神奈川新聞(カナロコ)

また、日ノ出町駅に近い旭橋のあたりから横浜ランドマークタワーを見るのもおすすめです。

川沿いの桜並木なら、JR戸塚駅と大船駅間の柏尾川沿いのプロムナードもあります。柏尾川の両岸に約4kmに渡る桜並木(約700本)。こちらも開花後はぼんぼりでライトアップされるので、夜桜も楽しめます。

スポンサードリンク

横浜で夜桜を見ながらお散歩デート

最後に宴会はない、公園の夜桜見物なら三溪園です。桜の開花時期に合わせて毎年「三溪園観桜の夕べ」が開催されます。

20160117_01
21時まで開園時間が延長され20時30分まで入園できます。園内の桜は約500本。三重塔もライトアップされ、夜桜を撮影するためにカメラマン達が明るいうちからベストスポットにたくさん集まって来ているほどです。

三溪園の夜桜のライトアップの様子はこんな感じです。
三渓園の夜桜ライトアップ/神奈川新聞(カナロコ)2013年

四季折々に様々な顔を見せてくれるので、入園料を払ってでもちょっと違う雰囲気が味わえる三溪園での夜桜デートもいいですね。

さいごに

横浜の夜桜スポットは他にも「こどもの国」や「三ツ沢公園」など、ライトアップされている場所はあります。

昼間は暖かくても夜はまだまだ冷える時期ですので、夜桜観賞は暖かくして行きましょう。

《関連記事》
横浜の大岡川お花見クルージングへ行って来た【画像あり】(2016年)

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑