東京の梅雨入り・梅雨明けはいつ頃?過去のデータから2015年予想

公開日:  最終更新日:2015/07/07

7b6e3f39b974f17ddc1c7945b57a7a3d_s

毎年やってくるジメジメした季節。今年ももちろん梅雨の時期は避けられません。

大体6月が梅雨とザックリ思っていますが、実際にこの10年いつ梅雨入りして、いつ梅雨明けしたのでしょうか?

どっちみちやってくるこの時期を事前に準備して上手く乗り切りたいですね。

スポンサードリンク

東京の梅雨入りはいつ頃?過去のデータ

気象庁のデータによると過去10年の関東甲信地方の梅雨入り日はこんな感じです。

2006年(平成18年) 6月 9日頃
2007年(平成19年) 6月22日頃
2008年(平成20年) 5月29日頃
2009年(平成21年) 6月 3日頃
2010年(平成22年) 6月13日頃
2011年(平成23年) 5月27日頃
2012年(平成24年) 6月 9日頃
2013年(平成25年) 6月10日頃
2014年(平成26年) 6月 5日頃

「この日から梅雨です!」という訳ではなく、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があるのでその大体中間の日がこの日付になっています。

梅雨の時期にニュースで「梅雨入りした模様」などと報道されるのは『気象予測をもとに行う梅雨の入り明けの速報』として発表されるもので、上記の日付は梅雨の季節が過ぎてから実際の天候経過を考慮した検討の結果の『統計値として確定したもの』です。なので、最初に発表された日から訂正が入ってる可能性もあります。

a6bc7bd53d97aa00dcc9c5f2cc08a8f9_s

この10年間で一番早かった梅雨入り日が5月27日頃、一番遅かったのが6月22日頃なので3週間以上差があります。4年前に5月に梅雨入りした時はその早さにビックリしたのを覚えています。

スポンサードリンク

★東京の平年の梅雨入り日は6月8日頃です。 

東京の梅雨明けはいつ?過去の梅雨明け日

梅雨入り日と同様に東京の過去10年の梅雨明け日。
(気象庁のデータ)

2006年(平成18年) 7月30日頃
2007年(平成19年) 8月 1日頃
2008年(平成20年) 7月19日頃
2009年(平成21年) 7月14日頃
2010年(平成22年) 7月17日頃
2011年(平成23年) 7月 9日頃
2012年(平成24年) 7月25日頃
2013年(平成25年) 7月 6日頃
2014年(平成26年) 7月21日頃

過去10年だけでも一番早い梅雨明けが7月6日頃一番遅い梅雨明け日は8月1日頃とこちらも1ヶ月近い差があります。これだけ差がある訳ですから、この日付を予想するのは大変ですね…。

★東京の平年の梅雨明け日は7月21日頃です。

東京の梅雨入り・梅雨明け【2015年予想】

あくまでも目安ですが、この先の3ヶ月の季節予報を見る限りほぼ平年並みなので、2015年の東京の梅雨入り・梅雨明けの予想としては平年並みの6月10日頃の梅雨入りで7月20日頃の梅雨明けくらいかなぁと思います。

どうしても雨が続くと気分も下がりがちですが、雨も降らないと水不足が心配になりますし、四季折々色んな風景が楽しめるのも日本のいいところですから、雨の日は雨の日の楽しみを見つけたいですね。

まとめ

雨が続いて湿気が多くなると、洗濯物が乾かない、髪型が決まらない、カビが生えてきた…などなど梅雨時の悩みはつきませんが、紫陽花がきれい、水不足の心配がない、雨の時期に雨が降るから夏に美味しい野菜が食べられるなどいいこともあります。

こんなハート形の紫陽花を見つけられたらラッキー!
487d5532a5e1a8fda3aa1fe039d877be_s
新しい傘やレインコート、レインシューズなどを買って気分転換するのもいいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑