インフルエンザの予防接種を打つ 2015/16の横浜の料金は?副作用は?

公開日: 

20151107_01
インフルエンザの予防接種の料金が今年(2015年)から値上がりしています。なので、ますます打つかどうか迷っている方も多いのではないかと思いますが、ここ10年ほどは毎年打っているので、今年も予防接種を受けてきました。

ワクチンに含まれる種類が増えて変わったこと、変わらなかったことをまとめておきたいと思います。

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種 2015-2016年分を横浜の病院で打った

インフルエンザのウィルスはA型とB型があって、昨年までは流行しそうな型を予測してワクチン(A型2種類とB型1種類の3価ワクチン)が作られていたそうです。なので、予測が「はずれた」などと言われることがあるのですね。

2015年シーズンからA型B型共に2種類ずつ含まれるより予防効果が高いワクチン(4価ワクチン)に変更となったそうです。

ですので、今年から料金が値上がりとなっている病院がほとんどです。

アメリカでは2013/14シーズンからすでに4価ワクチンが作られていたそうで、世界的な流れも4価ワクチンになってきているので日本もその流れに乗った形とのこと。

予防効果が高くなるのはいいのですが、ワクチンを作る手間がかかるそうで、それが価格に反映されているということですね。

ここ数年インフルエンザの予防接種を受けている近所のクリニックのホームページにも4価ワクチンになることと値上がりについて告知されていたので、承知の上で今年も受けることにしました。

予防接種をしていてもインフルエンザに罹ってしまうこともありますが、幸いここ10年ほどは一度もインフルエンザには罹らず、予防接種をしていなくても罹らなかったような気もしますが、仕事上子供から大人まで様々な年齢層の方と会う機会があり、うつしてもうつされても困るので、毎年予防接種を受けています。

接種後2週間くらいで効果が出始めて、約5か月効果があると言われているので、毎年10月下旬から11月上旬に接種することにしています。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種 横浜の料金は?

今年のインフルエンザの予防接種の料金は3,500円でした。同じクリニックで昨年までは、3,000円でしたので500円の値上がりです。

近所の他のクリニックの料金も調べましたが、新規にオープンした病院で3,000円というところがあり、ちょっと迷いましたがここ数年行っている病院は予約が出来るので、今年もそちらで受けることにしました。

以前は予約なしで当日来た順にというところで受けていたのですが、具合が悪くないのに病院の待合室にいるのが苦手なので、最近は予約が出来る病院にしています。

受付で番号札を受け取り、体温を計り、問診票を提出して待っていると同じ時間帯に予約している人が一室に集められて番号順に並び先生の簡単な問診&ノドのチェックがあってから順番に注射して終了。一人ならまだしも、家族連れで来ると1人500円の値上がりでも大変ですね。家族連れで来ている方も多かったです。

インフルエンザ予防接種 副作用は?

今年から4価ワクチンになりましたが、打つ時、打った後共に特に変わったことはありません。

注射を打った左腕が翌日、翌々日と少し腫れて押すと痛みがありましたがそれは今までもあったことなので、特に今年からということではありません。

また人によっては、3価ワクチンの時でもその年によって腫れたり、腫れなかったり、微熱や風邪のような症状が出たり出なかったりと様々ですから、ことし副反応が大きく出ても4価のワクチンになったからということでもないかもしれません。

異物を体内に入れていることにはなるので、何かしら反応があるのは仕方ないですね。

さいごに

完全に個人的な感想ですが、今シーズンのインフルエンザの予防接種は、値段が上がったこと以外は何も変わりませんでした。

インフルエンザにかかるか、かからないかは半年後まで分かりませんが罹ったとしても軽くすむと信じるお守りのようなものとして、多分来年以降も予防接種は受けると思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑