トリュフのラッピング 家にあるものや100均で出来る箱以外の方法は?

公開日: 

20151102_03
バレンタインで友チョコ用にたくさんトリュフを作って、ラッピングして渡したい時の強い味方が100均ですね。でもトリュフ用の箱を人数分用意したら結構な出費になってしまう時には箱以外のものでラッピングを考えていきましょう。

出来るだけ家にあるものを利用して、100均グッズも使って出来るラッピング方法のアイディアをご紹介していきたいと思います。

せっかくの手作りチョコ、可愛く包んで渡したいですね。

スポンサードリンク

トリュフのラッピング 家にあるもので工夫

100円ショップでラッピンググッズを買ってきたけど、よく見たら食品は入れないで下さいって書いてあったり、数が足りなくなってしまったりしたら焦りますね。

でも明日渡したい!というような時に、家に紙コップがあれば大丈夫です。

まずはこちらの動画が分かりやすいのでどうぞ。
【girls diary】紙コップで簡単ラッピング♩!

8等分に切れ目を入れる時に切れ目の深さを均等にするのは、ハサミの刃先から切りたい長さのところにマスキングテープを貼って目印にしておくと便利です。トリュフを入れる個数によって、高さを調節してくださいね。

もうひとつ、紙コップを使ったラッピング方法として、半分くらいのサイズにカットした紙コップをラップで下から包んで上をリボンで止めることも出来ますね。

紙コップもないという場合は、クッキングシートでキャンデー包みは如何ですか。

トリュフを1つずつでも、2つ一緒にでもOKです。厚紙などを使ってトリュフの下に台紙を入れるかラップで包んでからクッキングシートで包むのがおすすめです。薄い紙のカップ(グラシンカップ)やアルミカップに乗せてからクッキングシートで包むと開けた時に食べやすいですね。

両端はラッピングタイで止めるか、なければ毛糸でも代用出来ます。

クッキングシートでは味気ないなら、最後にマスキングテープを貼ったり、シールやスタンプを使ってオリジナリティを出してみましょう。

あとは、小さな瓶に入れてもかわいいですね。

トリュフのラッピング 100均で出来る箱以外のものは?

トリュフ用の箱なら持ち運びも楽ですが、数が多くなると予算的にもかかってしまいますね。

100円均で何枚も入っている袋タイプのものを使って安く、でも可愛くラッピングしていきましょう。気に入ったマスキングテープも用意しておくといいですね。

紙コップもカットせず、紙コップごと透明な袋に入れて包み、上をリボンなどで止めるのも簡単です。きれいなペーパーナプキンを使ってもいいですね。

こちらの動画で3種類のラッピング方法が紹介されていますので参考にどうぞ。
バレンタインラッピング3:義理チョコに?超お手軽ラッピング

100均に行けばラッピング用の不織布やラッピングペーパー、透明な袋、小さな紙袋など特にバレンタイン前はラッピング用品が充実していますので、上手く利用して可愛く仕上げてみてくださいね。

トリュフはグラシンカップやアルミカップ、シリコンカップなどに乗せておくと見栄えが良くなります。

また、紙コップや透明のプラスチックのコップなどはマスキングテープを貼るなど一手間加えるとより手作り感がアップしますね。メッセージなどを書いくのもいいのでは?

あとは、100均グッズを利用するなら、トリュフにはお弁当などに使うピックを使うのもおすすめです。

20151102_02
トリュフひとつをさして、チュッパチャップスのようにラッピングしてもいいですし、お団子のようにいくつかさして、長細いキャンデー状に包んでもいいですね。食べやすいですし、バラけたり転がったりしなくなるので、持ち運ぶ時にも便利です。
20151102_01
1個ずつ包んだピック付きのトリュフを花束のように数本まとめてから、ラッピングしてもいいと思います。この場合はピックが短めなら、竹串を使ってもいいですね。

スポンサードリンク

手作りトリュフを箱以外にラッピングする時に気を付けること

手作りのトリュフをキャンディ包みするときは、トリュフはコーティングしたものの方がいいです。ココアをまぶしたものだと包みを開けた時にココアパウダーが飛び散る可能性があるので、キャンデー包みにはあまり向きません。

ココアパウダーをまぶした時には、キャンデー包み以外の方法を選びましょう。

また、持ち運びに時間がかかる場合は、保冷剤とクーラーバッグがあると安心ですね。

箱以外のラッピングをしたトリュフを持ち運ぶ時には、大きな箱に入れて中で出来るだけ動かないように工夫をして行きましょう。せっかく可愛く包んだトリュフが移動中に崩れないように気をつけてくださいね。

さいごに

100均グッズもバラエティ豊かにですが、イラストや文字を入れたりマスキングテープやシールなども上手く使ってオリジナルな感じに仕上げてみましょう。

味も大切ですが、見た目も重要ですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑