鎌倉の紅葉ライトアップ情報 宿泊するならおすすめは?

公開日: 

20151027_01
鎌倉に紅葉を見に行くのなら、昼間の景色と共にライトアップも楽しみたいですね。

暗くなるまで鎌倉にいるのなら、思い切って宿泊して翌日は比較的空いている朝から観光に出掛けましょう。

鎌倉エリアのおすすめの宿も含めて鎌倉の紅葉ライトアップ情報をご紹介します。

スポンサードリンク

鎌倉の紅葉ライトアップ情報

鎌倉で紅葉のライトアップがあるのは、長谷寺です。約120本のモミジなどの紅葉した木々がライトアップされます。

夕日に照らされる紅葉から暗くなってライトアップされる前後がおすすめですが、週末ともなればこの時間帯に合わせてたくさんの人々が長谷寺に訪れますので、混雑するのは覚悟していきましょう。

『夜間特別拝観紅葉ライトアップ』

《日程》2015年11月21日(土)~12月6日(日)

《通常拝観時間》8:00~16:30(10月~2月)

《ライトアップ時間》
平日:日没~18:00
土日祝:日没~18:30

《入山料》中学生以上300円

長谷寺ホームページに昨年のライトアップの写真が出ています。最新情報はこちらのホームページをチェックするのが確実です。

最終入場ぎりぎりのタイミングだと少し混雑が緩和されてきている可能性はありますが、その日のお天気によっても人出は左右されます。お正月、あじさいの時期同様に多くの方が訪れる紅葉シーズンの鎌倉ですので、空いていることは期待しないほうがいいですね。あまりに混雑する場合は、入場が制限されることもあり得ます。

11月28日(土)以降なら、江の島のシーキャンドルライトアップも始まりますので、長谷寺の紅葉ライトアップを楽しんだあとに余裕があれば、江の島まで足を伸ばすのもいいですね。

スポンサードリンク

鎌倉の紅葉の時期の宿泊おすすめは?

ライトアップを楽しんだら、そのまま鎌倉に泊まって翌日の朝から観光するのがお勧めです。

基本的に紅葉シーズンは混み合いますが、一番混雑が少ないのは朝の時間帯です。

午後から夕方に掛けては東京など近くから日帰りで来る方が多いですから、狙い目は午前中。初日の夕方にライトアップを先に見て、鎌倉に一泊してから翌日は朝から鎌倉観光に出掛けると効率よく回れると思います。

鎌倉エリアはホテルや旅館等はあまり多くなのですが、紅葉のライトアップがある長谷寺からのアクセスがいいのは、ダイヤモンド鎌倉別邸ソサエティです。

元々会員制の宿泊施設ですが、会員以外も宿泊出来ます。サウナ付きの大浴場もあり、長谷寺、大仏、海にも徒歩圏です。

長谷寺徒歩圏のダイヤモンド鎌倉別邸ソサエティ

もうひとつ、江ノ電の由比ヶ浜駅からすぐのかいひん荘鎌倉は和風旅館です。古都鎌倉に来たのなら、洋風ホテルよりもやっぱり和風が合います。大正ロマンを感じる宿です。

かいひん荘鎌倉

上記はどちらも新しい施設ではないことだけ理解していければ、立地もいいですし楽しめるでしょう。

宿泊はホテルの方が楽という場合は、海の近くの洋風ホテル、鎌倉パークホテル鎌倉プリンスホテルですね。

海の近くでゆったりとリゾート気分も味わえるので、古都の雰囲気とはまた違った楽しみ方が出来ますね。

最後にとにかく立地優先なら、鎌倉駅前のHotel鎌倉mori。全16室のホテルです。

鎌倉駅からすぐですから、翌日どこから観光をスタートするにしても問題ないですね。翌日の予定を直前に決めるのなら、どこへ行くのも便利な駅前の宿泊がおすすめです。

さいごに

紅葉の時期はそんなに長くないので、週末で特にお天気がいいとかなり混み合いますが、それだけ魅力的ということですね。

鎌倉おすすめ紅葉スポットはこちらの記事でも紹介しています。

紅葉が見頃になればなるほど、朝夕の冷え込みは厳しくなってきますので暖かくして秋の鎌倉を楽しみましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑