スノボスクールは初心者には必要?一人参加は?気を付けることは何?

公開日: 

20151024_01
スキーはやったことがあるけど、スノボは今シーズン初めて挑戦という方も多いですね。

初めてスノボにチャレンジする場合、スクールに入った方がいいのかやスキーとの違いで気を付けることについてまとめています。

ゲレンデに到着したら思いっきり楽しめるように出掛ける前の準備をしっかりしてから出発しましょう。

スポンサードリンク

スノボスクールは初心者には必要?一人参加は?

よく言われるのが「スノボとスキーは全く別物」です。スノボを始めるのであれば、スキーの経験が役に立たないということではありませんが、基本的なことは一から学ぶつもりでいた方がいいですね。

スキーとの大きな違いは、両足が固定されていることですので、スキーなら片足ずつ足と体重移動の両方で取れるバランスもスノーボードは体重移動だけでバランスを取る必要があります。

まずは、基礎的なことはスクールに入って学ぶのが一番いいでしょう

一人で行くのならもちろん、仮にスノボ経験者の友人が教えてくれると言ったとしても初回はスクールに入ることをお勧めします。

一人なら、スクールが込みのツアーに乗るのもいいですし、現地のスクールに入るのもいいでしょう。前もって、スクールについて調べておくと安心です。

滑れるようになるまで一人で痛い&怖い思いをするよりも、プロにみてもらって早く上達して安全に滑れるようになりましょう。

一般的にスクールに入ると午前中の2時間のコースで

・用具の付け方
・片足だけ固定して斜面を滑り降りて停止する
・転び方
・リフトの乗り方、降り方
・両足を固定して立つ
・前を向いてジグザグに滑る
・横滑り

あたりを教えてもらい、午後も2時間のスクールに参加するとターンの基礎的なことを教えてもらうことになるでしょう。時間と体力があれば、最初は1日コースがお勧めですが、いっぱいいっぱいになってしまいそうであれば、半日スクールに行き、午後は自主練で次の機会にステップアップするのでもいいですね。

スクールは、経験者の人と一緒に来ていても一人だけ初心者だから参加するという人も多いので一人参加は珍しくありません。

時間の都合や自分のレベルに合わせてみっちり教えてもらいたい時にはプライベートレッスンをお願いするのもいいですね。

比較的空いているスキー場で平日のスクールだと結果的にプライベートレッスンになることもあったりするようです。それはそれで練習もたくさん出来ますしラッキーですね。

スポンサードリンク

スノボの初心者が特に気を付けることは?

スノボはスキーと違い、滑走方向の背中側になる方が死角になってしまいます。見えていない場所に他のスキーヤーがいるかもしれないということは頭に入れておく必要がありますね。

最初は止まることが難しいので、たくさん転んでしまうはずです。お尻や膝を打つことも多々ありますから、転んでもケガをしないための準備をしておきましょう。

スノボ用のプロテクター(おしりパッド)の使用をお勧めします。雪質が良くても、お尻を打つとものすごく痛いです。その場で痛いだけで済めばいいのですが、尾骨を強打して靭帯を痛めたり、骨折してしまうケースもあります。出来ればお尻だけでなく、膝もカバーしてくれるタイプのものがいいですね。また初心者は雪にお尻がついてることも多いので、冷え対策にもなります。

また、スキーよりも板に接触しやすいので、手袋は踏まれても切れたりしない丈夫な物を選びましょう。あまり厚くないタイプのものを持っている場合は、中にニットの手袋などをアンダーグローブ代わりにつけてもいいかもしれません。

スノボは両足が固定されていますから、腰の動きが重要になってきます。準備運動は念入りにしておきましょう。腰を痛めると歩くことさえ難しくなってしまいます。

休憩をする時は、他のスキーヤーやスノーボーダーに配慮して危険のない場所を選びましょう。スキーなら立ったまま休憩も可能ですが、ボードの場合は難しいです。また、リフトを降りた時も他の方の邪魔にならないように気をつけてくださいね。

さいごに

周りにスノボをやる人がいない場合は、スノボ専門のショップに行ってグッズ選びから相談するのもいいですね。

スクールに参加する場合は最初に軽く準備運動をすると思いますが、多くの時間を割いてという訳ではないのでスクールが始まる前にストレッチをしておくといいでしょう。

ケガなく無理せず楽しんで来てくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑