おみくじで凶が出ても落ち込むことはない!むしろ大吉よりもいい?

公開日: 

20151008_01
初詣で引いたおみくじで「凶」が出てしまったら、今年一年悪いことが起きるような気がして落ち込んでしまいそうですが、がっかりする必要はありません。

もともとおみくじは、神様からのメッセージですので凶が出た=悪いことが起きるという訳ではないのです。

どのようにしたら難を避けられるかという神様からの励ましの言葉として受け取りましょう。

凶が出る確率は、神社によって違うそうですが、そんなに多くはないので特に大凶だったら、大当たりで運がいいとも言えますね。

スポンサードリンク

おみくじで凶が出ても落ち込むことはない!

おみくじは、「大吉」や「吉」「凶」といった部分が重要なのではなく、詳しく記されたメッセージの部分が大切なのです。

「凶」でもショックを受けずに内容をしっかり読みましょう。今一度、自分自身を振り返ってみる時だというメッセージかもしれません。中身を理解し、気を引き締めて、悪い時にはどうしたらいいのかなど、生活の指針として役立てましょう。

また、凶が出たということは今が底ですから、これから上がっていくしかないので心配することはありませんね。

おみくじを引くと持ち帰らずに木に結んで来てしまう方が多いですが、本来、おみくじは持ち帰って時々読み返すものです。

凶なのに結んで来なかったと不安になることもありません。忘れないように時々見直すためには、持ち帰って正解なのです。

おみくじは凶がいい?大吉が出たら気を付けること

おみくじで大吉を引くよりも凶を引いた後の方が、おみくじについて考えることが多くなるのではないでしょうか。

大吉を引けば、その時はテンションは上がりますがその後、気にして努力するような人はほとんどいないでしょう。

悪いことに対して注意をする人もなかなかいないと思います。

大吉を引いた時には考えないでしょうが、その時が頂点で後は下り坂ということも考えられます。

大吉であってもチャンスを掴まなければそれまでですし、凶でも気を引き締めて難を乗り切ればいい方向へ進んでいくでしょう。

スポンサードリンク

むしろ、大吉を引いた時にも、ちゃんとおみくじの内容を読んで、注意すべきことは注意しないと吉を逃してしまうかもしれませんね。

凶は底ですからこれから上がるのみです。初詣のおみくじが凶や大凶だった場合は、これから上り調子の一年が送れるということでしょう。

どうしても凶が気になる場合

そうは言っても、凶を引いてしまったことがどうしても気になる…という方は、昔から「難を福に転じる」と言われている南天を育ててみるのは如何ですか?

南天は縁起の良い植物とされ、福寿草と合わせて「災い転じて福となす」と言われています。

さいごに

大吉を引いても、凶をひいても、結局はその後の心掛け次第で吉がやってくるのか来ないのかが決まるのでしょう。

凶を引いてしまったことにこだわり過ぎて、自ら悪いことを引き寄せてしまわないように気を付けたいですね。

おみくじで凶が出た場合は、気を付けるところは気を付けて、そこから上がっていくことをイメージして気楽にいきましょう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑