羽毛布団と毛布の順番 冬の寒い時期の保温性が高い使用法は?

公開日: 

20150919_01
テレビなどで毛布は掛け布団の上に掛けた方が暖かいと聞いたことがあるような…という方も多いのではないでしょうか。

寒くなってきて掛け布団を出す時期になると、「あれ?順番どうだったっけ?」ということも。

掛け布団と毛布の順番を再確認しておきましょう。

掛け布団が羽毛布団なのか、羽毛布団以外なのかによっても順番は変わってきます。

スポンサードリンク

羽毛布団と毛布の順番はどうする?

羽毛は体温を感知して膨らんで保温性を高める性質があるので、羽毛布団は直接体に密着させる方が保温力が高くなります

ですので、羽毛布団の下に毛布を挟んでしまうと、羽毛布団の良さを消してしまうので

人⇒羽毛布団⇒毛布

の順番がいいと言われています。
また、羽毛布団の上に毛布を掛けることで、羽毛の吸湿性を損なうことなく、軽い羽毛布団がずり落ちるのも防いでくれます。

ただ、ポリエステルや綿の布団、羊毛混の布団の場合は、毛布が下で掛け布団が上(外側)でOKです。

上(外側)に掛けるのに向いている毛布の種類は、綿毛布、アクリルやポリエステルなどで、下(内側)が向いているのは、ウールケット、シルク毛布などです。

スポンサードリンク

羽毛布団の上に掛ける毛布は薄手のものを選びましょう。羽毛布団は、熱を羽と羽の間にためるので、その熱が逃げてしまないために毛布を上に掛けるのですが、重い毛布だと羽毛布団を上から潰してしまって羽と羽の間の空気を外に出してしまうので、軽めのものがおすすめです。

羽毛布団はすきま風が入りやすい構造なので、羽毛布団が下だと寒く感じる場合は上に掛ける毛布のサイズを羽毛布団のサイズよりも大きくして、覆うように掛けると暖かく感じるでしょう。

また、羽毛布団がそのまま体に触れると、布団に入った時にひんやりするという場合は、湯たんぽなどを併用するといいですね。

毛布のかけ方で保温性を高くする

真冬になり、さらに暖かくしたい場合は、毛布を体の下にもう一枚敷きましょう

体温が下に逃げていくのを防いでくれるので、保温効果が高くなります。

毛布と毛布の間に自分の体と羽毛布団をサンドするような形ですね。

毛布を体の下に敷くのは、羽毛布団でも羽毛布団以外でもどちらも効果があります。


20150919_02

さいごに

理論的には、上記の方法が暖かいはずですが、この通りでなければならないということもないので、最終的にはご自身の好みの問題になってきますね。

肌触り重視なら体に触れるのはやっぱり毛布の方が好きと言う方もいると思いますので、色々と試してみて一番合っている順番を見つけてみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑