スキーへ1人で行くなら日帰り?北海道は?女性一人でも大丈夫?

公開日:  最終更新日:2015/10/24

20150916_01
スキーやスノボは友達や家族と一緒に行くものと思い込んでいませんか?ひとりで行ってももちろんOKです。

一人で集中して練習したい人もいますし、たまたま友人と休みが合わなかったり、子供が大きくなってきて付き合ってくれなくなったり、意外とひとりで来ている人も多いものです。

気にせず、ひとりでも行きたくなったら、行きましょう。

スポンサードリンク

スキーへ1人で行くのは日帰りがいい?

一人でスキーに行くのにちょっとハードルを感じている場合は、まずは日帰りからスタートするといいですね。

泊まりがけのツアーなどは予約出来るのが2名以上となっている場合が多いので、ひとりでは行きづらいと感じることもあると思いますが、日帰りなら一人から参加可能なものがほとんどです。直通バスだけでなく、日帰りバスツアーなども一人から予約可能なケースが多いですね。

自分で車を運転して行くのでなければ、スキー用のパックを利用するのが料金的にもお得な場合が多いですね。

バスツアーといっても、観光地を巡るツアーではないので、スキー場までの交通手段とリフト券などがセットになっているだけです。特に他のツアー参加者とのかかわりも積極的にとならければないですので、ひとりで行っても問題ありませんね。

一人で行く場合、食事もポイントになって来ますね。日帰りなら、お昼はおにぎりなどを持参して外で景色を眺めながらがおすすです。天候が悪いと微妙ですが。

一人で行くメリットはやはり、自分の思うように好きなスキーが出来ることですね。

友達と一緒の時には話していて見られなかった景色の素晴らしさに気づくこともあったりします。

泊まりがけで行きたい場合は、スキー場周辺のホテルにはシングルの設定がないことが多く、ツインのシングルユースと言う形になるので割高になります。

民宿や旅館、ペンションなどで平日で空いていると多少融通をきかせてくることもありますので、閑散期なら当たってみてもいいかもしれません。ただ、ハイシーズンは断られてしまうこともあるでしょう。

食堂で他のお客さんと一緒に食事をとるのを避けたい場合は、食事が部屋で取れるタイプの民宿を選んだ方がいいですね。

あとは、スキー場近くの一人旅歓迎の宿を見つけてから、行き先を決めるのもありだと思います。

スキーへ北海道なら1人でも行きやすい

日帰りなら気軽に行けますが、せっかく取れたお休みに泊まりで行きたい場合のおすすめは、北海道です。

出張用などにも利用される「札幌フリープラン」などでシングルに泊まって、札幌市内発のスキー場行きのバスパックを利用すれば、日替わりで違うゲレンデに行くことも可能です。大抵バスにお得なリフト券パック付きの設定があるので、スキーツアーでなくても問題ないです。

もちろん、札幌に泊まるタイプのスキーツアーもありますね。札幌からニセコ・キロロ・ルスツ・札幌国際・トマム・富良野などにバスや電車で日帰り出来るプランが用意されています。

札幌なら、食事をするところもたくさんありますし、スキーをしないご家族や友人を誘って一緒にホテルに泊まって、昼間は別行動で札幌や小樽を観光していてもらうというのも可能ですね。

色々な選択肢があるので、一人で宿泊ありなら思い切って札幌に泊まる北海道スキーがお勧めです。

スポンサードリンク

スキーへ女性の一人もあり?

女性だからといって一人でスキーに行くのがおかしいことはありません。

一人女子旅の日帰りスキーなら、バスでももちろんいいのですが東京から新幹線で1時間半ほどで着く、ガーラ湯沢もいいですね。

新幹線からスキーセンターが直結していますから、移動が楽なのはもちろん、新幹線なら一人でも違和感はないですし、朝8時に東京を出て、早ければ10時頃から夕方5時頃までゲレンデで過ごしても夜の8時過ぎには都内に戻れてしまいます。

また、ガーラ湯沢は特に女性客を意識してロッカールームや更衣室も充実していて、温泉、フィットネスプール、スパ、サウナなどの施設もあります。

ガーラ湯沢へ行くのなら、新幹線の往復チケットだけを購入するよりも「びゅう」でお得なツアーがあることが多いので、先にこちらをチェックしてみて下さいね。

びゅうJRで行く国内ツアー|えきねっと

ひとりでスキーに行く場合に、心配なのはケガです。

最悪、ケガをして動けなくなってしまい、誰にも発見してもらえないという事がないように、人の少ないゲレンデや実力以上のコース等には、行かない方がいいですね。

さいごに

無理に同行者を探すよりも1人なら自分のペースで行動できるので気楽ですね。

ただ、危険のないように自分の行動に責任を持って、思う存分楽しみましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑