新札への両替は銀行以外でも出来る?休日や夜の場合の新札両替方法

公開日: 

20150812_01
週末に友人の結婚式なのに、金曜の夜にご祝儀用の新札を準備するのを忘れていたことに気づくとかなり焦りますね。

銀行に行けば両替してくれるのは知っていても、平日の昼間にはなかなか出られないしお昼休みの時間だけでは難しい場合もあります。

お年玉用に新札が欲しい場合は、年末近くまで平日なら銀行はやっていますが、結婚式直前が週末や祝日だと銀行はやっていませんね。

今回は、銀行の休業日や終わってしまってからの時間帯に新札が必要になった場合に、両替出来る場所をご紹介します。

スポンサードリンク

新札への両替を銀行以外でする方法 休日や夜間はどこでする?

おめでたいことには出来れば未使用の新札を前もって準備したいものですね。でも明日がもう結婚式当日という場合には今すぐ必要です。

新札を入手できる可能性が高い場所をご紹介しますので、可能なものから当たっていきましょう。

★結婚式場
結婚式場には、大抵の場合両替用の新札が準備されています。ただし、限られた金額にはなるでしょうから、事前に電話で確認しておいた方が安心ですね。また、1万円以外の新札ヘの交換は難しい場合が多いです。

★ホテルのフロントやホテル内のお店
結婚式が行われるようなホテルでも新札に両替してもらえる可能性が高いです。また、結婚式の会場ではなくても、外貨の両替をしている場合は、新札がある可能性が高いのでそこでお願いしてみるのもいいでしょう。
高級ホテルだとホテル内のお店で買い物をした時のおつりが新札でくることもあります。

★コンビニのATM
コンビニのATMには、狭いスペースに多くのお札を入れるため、新札を使うことが多いと言われています。時間を選ばないのもいいですね。ただし、銀行や時間帯によって出入金に手数料が掛かる場合もありますから、気をつけて下さいね。
コンビニのATMでは、ある程度まとまった金額(1万円札を10枚~)を一度出金し、出て来たお札から新札に近いものを取り出し、必要のない分はそのままATMで入金するといいと思います。

スポンサードリンク

よくコンビニのATMを利用しますが、新札が出てくる確率は高いと思います。ただ最近は以前ほどではないような気がするので、多めに出金してその中から選択するのがいいでしょう。

★デパートで祝儀袋を購入
大きな百貨店では、祝儀袋を購入した時に新札両替のサービスをしているところがあるので確認してみましょう。

★コンビニで祝儀袋を購入
コンビニでも新札があることはもちろんあります。ATMで下ろしたお金で支払いをする人もいますので、コンビニでお願いしてみるのもひとつの方法です。ただ、何も買わずにお願いするのも微妙ですし、祝儀袋を購入する時にお願いすると理由もハッキリしていますからスムーズでしょう。新札がない場合は仕方ありませんが、新札があれば両替をしてくれるケースが多いです。

★1万円以上の品物を売っているお店で聞いてみる

1万円札の新札をどうしても入手したい場合は、とりあえずお店で片っ端から聞いてみるの方法もありますが、お客さんが支払いで1万札を使っていそうなお店の方が確率が高いはずです。1万円以上の品物がメインのお店からあたってみましょう。

新札への両替が出来なかった場合

どうしても新札への両替が出来なかった場合の最終手段として、アイロンがけをする方法をご紹介します。

お札に霧吹きのようなもので、少量の水を吹きかけて薄い布(ハンカチ等)で当て布をして、低温でアイロンをかけると、シワが伸びます。

アイロンがけをする場合も出来るだけきれいなものを選んでからチャレンジしましょう。多少縮んでしまうこともあるので、覚悟の上でどうぞ。

さいごに

確実に新券に両替したい場合は、銀行の窓口で「新札で下さい」とお願いして両替するのがベストですが、うっかりしてしまうこともありますね。

私の行く美容院ではいつも必ずおつりは新札でくれるので、お店には新札が用意されていることも多々あります。

お店で両替をお願いする場合は、1軒目でダメでも、新札があれば両替してくれるお店は多いので諦めずに探してみましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑