七五三の写真はスタジオ?自分で撮る?フォトブックにするなら

公開日: 

20150712_01
七五三の写真は近所の写真館や子供専用のフォトスタジオで撮りますか?それとも自分で撮りますか?

記念になるものですので、プロのカメラマンに撮ってもらうのもいいですし、家族じゃないと撮れない表情を撮るのもいいですね。どちらもそれぞれの良さがあります。

スポンサードリンク

七五三の写真はスタジオで撮る?

子供専用のフォトスタジオが増え、以前よりもプロに撮ってもらう機会は多くなってきていると思いますが、スタジオ撮影の一番のメリットはカメラや照明などの機材が素人のものとは違うことですね。天候を気にする必要もなく、衣裳もレンタル出来るところが多いですから、着たことがないような衣裳を着ることも出来ますね。また、きれいに見える立ち方などもアドバイスしてもらえるでしょう。

家族の誰かが写真を撮ると家族全員が一緒に写ることは出来ませんが、プロに撮ってもらう場合は家族写真が撮れます。費用的に安く抑えたい場合は、フォトスタジオでは「家族写真だけ」をお願いし、その他は自分で撮るのがいいのではないでしょうか。

初めての写真スタジオで、知らないおじさんやおばさん達、大きなカメラ・照明などの機材に囲まれて緊張から泣いてしまう子もいるので、子供のタイプによって、自分で撮るのか、スタジオに行くのかを決めてもいいですね。

フォトスタジオや写真館によって、価格は様々ですが概してお安くはありませんので、何を記念に残したいのかを吟味してからお願いすることをおすすめします。

七五三の写真は自分で撮る?

プロにお願いするのではなく、自分で七五三の写真を撮る場合のメリットは、費用が安くすむことと子供の自然な表情を残せることが大きいでしょう。みんながみんな、初めての写真スタジオでとびっきりの笑顔を見せてくれる訳ではないので…。

屋外で自分で写真を撮る場合は、子供の表情背景に気をつけましょう。背景は余計なものを写しこまないように気をつけるだけで、写真の印象が変わります。ただ、大人になってその写真を見ると後ろに写っていたものが懐かしかったりもするので、自宅や玄関前などで写真を撮る場合は、あえて周囲の環境も一緒におさめておく写真もあっていいと思います。

お参りに行った神社などで撮影する場合は、背景も入れておきたいですが建物の前に子供を立たせて撮ると全身が入っていても小さくてよく分からない写真になりがちです。バックに建物を左右のどちらかに寄せて入れ、手前に人を入れると全身は入らなくても、どこで撮ったのかに加えて表情や着ているものの柄までよく分かる写真が撮れるでしょう。

記念撮影だけでなく、お参りしているところや後ろ姿、階段などを使って上からや下からなど色々な角度から撮っておくといいと思います。背景を入れる場合は、七五三のピークは避けて空いている日の方がいいですね。

スポンサードリンク

子供の写真を撮る場合は、シャッターチャンスが最も重要です。デジカメは連写モードまたはスポーツモードを使用して、シャッターチャンスを逃さないようにして下さいね。

七五三の写真をフォトブックに

自分で七五三の写真を撮ったら、フォトブックで残しましょう。写真館のアルバムとは違いますが、写真の選択からレイアウト、文字を入れられるものなど多彩なので、希望にあったものを作ることが出来ます。おじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントにもいいですね。

また、フォトスタジオで撮った写真もデータがあればそのままフォトブックにも入れられます。台紙付きの写真が一枚だけある場合も台紙から外してスキャナーでスキャンするか、スキャナーがなければ焼き増しなどをしてくれる写真屋さんでもスキャンしてもらえる場合が多いので、台紙から外した写真をスキャンしてくれるか確認してみましょう。デジタル化が出来れば、自分で撮った写真とスタジオで撮った写真を合わせて、七五三のフォトブックが作成できますね。

最初からフォトブックを作る予定なら、子供の写真だけではなく千歳飴などの小物も撮影しておくといいと思います。

おすすめのフォトブック作成サービス
cocoal(ココアル)

見開き約56cmの「フォトブック ワイド」は存在感があり、おしゃれな写真集のような仕上がりになります。
56cmを縦に使って大きなワンショットを残しておくのもいいですね。レイアウトも決められ、コメントも付けることが出来ます。

見開き約56cmの「フォトブック ワイド」(20ページで税別3,600円)と、見開き42cmのコンパクトな「フォトブック スクエア」(20ページで税別2,838円)の2種類のみですが、種類があり過ぎても迷ってしまいますし、ソフトをダウンロードせずに作れる点もおすすめです。

とにかく安く、でも記念には残したいという場合は、しまうまプリントがいいですね。
しまうまプリント
文庫本サイズのシンプル写真集だと36ページ、196円から作れちゃいます。

フォトブックを作る場合は、コメントを説明的な感じではなく、子供に向けて話しかけるようにしておくのがお勧めです。

まとめ

他には、フリーカメラマンにお願いして、出張撮影してもらうという選択肢もあります。お参りする場所で待ち合わせて撮影してもらい、アルバムやデータを購入することも可能ですので、興味のある方は「七五三 フリーカメラマン」などで検索して探してみてくださいね。オンシーズンになると予約を取るのが難しいかもしれませんので、お早めに。

子供の集中力はそんなに長く持続しませんので、七五三の行事を一日に詰め込んで一気にやってしまうよりも、お参り、写真撮影、おじいちゃんおばあちゃんに会いに行って一緒に会食などは出来るだけ別の日にしたいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑