雨で濡れた靴の乾かし方 ドライヤーはOK?靴が濡れない方法はある?

公開日: 

20150706_01

雨で濡れてしまった靴をそのまま自然乾燥させるつもりで放置していると白っぽいシミになってしまったりしますね。

雨の日に履いた靴は、そのまま放置せずにお手入れをしましょう。今回は、靴の乾かし方と次の大雨の時に靴を濡らさないで済む方法についてまとめています。

スポンサードリンク

雨で濡れた靴の乾かし方

靴が濡れてしまったら、まずは乾いたタオルで水気を取れるだけ取りましょう。その後、形を整えながら靴の中に新聞紙をくしゃくしゃに柔らかくなるくらいにしてから詰め、さらに水分を取ります。出来るだけ早く乾かしたい時は、新聞紙は湿ってきたらこまめに交換しましょう。また、靴の置き場所は風通しのいい場所を選んで下さいね。

新聞紙が自宅にない場合は、コンビニ等にもあるフリーペーパーやお菓子などに入っている乾燥剤でも代用出来ます。

新聞紙やフリーペーパーのインクが靴に移ってしまうのが心配な場合は、キッチンの三角コーナー用の不織布や不要になったストッキングの中に入れると色が移ってしまうリスクが減らせます。

もし、少し乾いてきて白っぽいシミが出来てしまった場合は、水洗いしてシミをぼかしながら拭き取り、その後に乾かす作業に入りましょう。

濡れてしまった靴の臭いが気になる場合は、こちらの記事も参考にどうぞ。
臭い対策はこちら⇒足の臭い対策 ブーツの消臭方法と足の臭いを消す方法

雨の後の靴はドライヤーしても大丈夫?

どうしても次の日も同じ靴を履きたいから、早く乾かしたいという時にドライヤーを使う場合は注意が必要です。

髪を乾かす時のように、早く乾かすのに温風を使いたいところですが、靴の場合は冷風を使いましょう。温風を当ててしまうと靴を傷めてしまう原因にもなりかねません。

ドライヤーの代わりに扇風機やサーキュレーター、浴室乾燥を使うことも可能です。

新聞紙を詰めた状態で、靴を風の通り道に置くと早く乾きます。

スポンサードリンク

雨でも靴が濡れない方法

年々、ゲリラ豪雨などの集中豪雨が多くなってきている気がしますね。

事前に雨、特に大雨だと分かっている場合は、レインブーツを履いて濡れても大丈夫にするか靴カバーを使用しましょう。

レインブーツは服装に合わなかったり、どこでも行かれる訳ではないので普通の靴を履きたい日にはちょっと見た目がイマイチでも、外を歩く時だけですので靴カバーを利用しましょう。

外出先で靴下まで濡れてしまって大変なことになったり、靴にダメージを与えないこと、また帰宅後の濡れた靴のお手入れを考えれば靴カバーは有用です。

耐久性は微妙ですが、使い捨てのものなら外出先でずっと持ち歩く必要もないですね。

100均でも使い捨てではない靴カバーが売られているので、外出先で急に必要になった場合は100均で探してみてくださいね。

まとめ

靴はケア次第で持ちが違ってきます。

特にお気に入りの一足なら、防水スプレーなどで予防もしつつ、濡れてしまった時には手入れをして、大事にしていきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑