足の臭い対策 ブーツの消臭方法と足の臭いを消す方法

公開日: 

20150701_01
ブーツを脱いだ時の臭いを考えると履くこと自体をためらってしまう方も多いのではないでしょうか。

特にブーツは臭いがこもりがちになってしまいますね。

ブーツの時の足の臭い対策とブーツの消臭方法、夜の飲み会がブーツを脱ぐお座敷タイプでもOKな臭い対策について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

足の臭い対策 ブーツの場合

一日中履きっぱなしの靴、足に汗をかいたらその中の湿度は相当高いものになるのは想像できますね。湿度が高ければ、雑菌も繁殖しやすくなります。特にブーツはロングであればあるほど、汗が多く通気は悪くなるので臭ってしまうのも当然と言えば当然でしょう。

ただ、だからと言って諦める訳にはいきません!

臭いを抑えるために気をつけられることは普段から気をつけていきましょう。

《ブーツの時の足の臭い対策のポイント》
・毎日同じブーツを履かない。2日は休ませましょう。
・足にフィットしたものを選ぶと蒸れにくい。
・天然素材のものの方が通気性が良い場合が多い。
・吸汗する靴下や中敷きを使う。
・一度履いたらよく乾燥させてから履く。

足の臭いを抑えるためには、まずは足を清潔にすること、そしてブーツの中を蒸れた状態にし続けないことで雑菌の増殖を防いでいきましょう。一日中履きっぱなしは、ニオイのもとです。出来ればトイレに行く際にでも、こまめな通気を心掛けましょう。

足は洗うことで臭いが取れても、ブーツの臭いが取れていないと次に履いた時にまたすぐに臭ってしまうので、ブーツ自体もしっかり消臭対策をしていきましょう。

ブーツの消臭方法

ブーツの臭い対策も湿気をとって乾燥させることが大切です。

スポンサードリンク

吸湿剤や脱臭剤をブーツの中に入れておくのもいいですし、新聞紙をくしゃくしゃにして詰めてもOKです。その新聞紙にファブリーズなどの消臭効果があるものを軽くスプレーしておくのもいいのですが、香りがついているものはかえって臭くなってしまう場合もあるので、気をつけましょう。使うのであれば、無臭タイプがいいと思います。ただし、白や薄い色のものには万が一色が写ってしまうといけないので新聞紙は避けた方がいいかもしれません。

湿気を取ってもまだ臭いが気になる場合は、ティーツリーオイルをたたんだティッシュに1滴ずつ垂らして、一晩、中に入れておきましょう。ティーツリーの香りが苦手でなければ、試してみてください。ただ精油は肌に合わない場合もあるので、気を付けて使ってみて下さいね。

お座敷の居酒屋も大丈夫!足の臭いを消す方法

一日履きっぱなしのブーツを自宅以外で脱ぐのは、勇気がいります。でも仕事終わりの飲み会がお座敷タイプのお店だった場合、避けられないこともありますね。

そんな時の対策には準備が必要です。まず替えの靴下(ストッキング)汗とりシート(体用でOK)を用意しておきましょう。お店でブーツを脱ぐ前にトイレに行き、靴下(ストッキング)を脱ぎ、汗とりシートで入念に足の指を一本一本拭きます。出来れば、当日はお昼休みにもやっておくといいですね。

さらに、ブーツの中も除菌シートで拭き、乾いてから新しい靴下(ストッキング)を履いて、準備完了です。心配なら、さらに消臭スプレーを使うといいですね。脱いだ靴下はかなり臭うはずですので、しっかりジップロックなどの密閉出来る袋に入れて、せっかく履き替えたのにそこから臭いが漏れないように気をつけて下さいね。

まとめ

急にお座敷の飲み会や友達の家に行くことになっても大丈夫なように、職場のロッカーに替えの靴下と汗とりシートを準備しておくと安心ですね。

ストッキングは汗を吸収しづらいので、どちらでもいい場合は靴下の方が臭い対策になります。

しっかり対策して、臭いを気にしなくてもいいようにしていきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑