ハロウィン トリックオアトリートの返事は何?意味とお菓子について

公開日: 

20150620_01
毎年10月31日のハロウィン、子供たちが「トリック・オア・トリート」と言ってご近所を回ってお菓子をもらう習慣は知っていても、その返事や意味についてはよく知らなかったり…。

今回は「トリック・オア・トリート」への返事は何と言えばいいのか、トリックオアトリートの直訳の意味と意訳の意味などをまとめています。

スポンサードリンク

ハロウィン トリックオアトリートには何て返事をする?

ハロウィンでの子供たちのお楽しみといえば、仮装とお菓子ですね。

では、子供たちが様々なコスチュームでお菓子をもらいに「トリック・オア・トリート(Trick or Treat?)」と来た時には、何と言ってお菓子をあげればいいのでしょうか?

子供たちには『ハッピーハロウィン(Happy Halloween)』とこたえましょう。定番の決まり文句のようなものですね。

または、『いたずら(トリック)かお菓子(トリート)、どっち?』と聞かれているので、『トリート(お菓子をあげるよ)』と答えるのもOKです。

子供たちの仮装(コスチューム)を褒めてあげ、「また来年も来てね~」という感じで帰してあげるといいでしょう。

ハロウィン トリックオアトリートの意味

トリック・オア・トリート(Trick or Treat?)のそれぞれの単語の意味は、

Trick : 悪さ、悪ふざけ、いたずら

or : Aか、Bかのように使う接続詞

Treat : もてなし、歓待、おごり

となります。

直訳すれば「いたずらか、もてなし(お菓子)か」ということですね。

日本語では「お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ」と訳されることが多いですね。

アメリカでは、子供たちがトリック(いたずら)としてやるのは、水鉄砲や水風船を使ったり、生卵を玄関に投げつけたり、トイレットペーパーを庭に投げたり、木に巻き付けたりすることが多いそうです。

スポンサードリンク

ハロウィン トリックオアトリートで配るお菓子は?

子供たちが「トリック・オア・トリート」とやって来たら、かわいいカゴなどに入れたお菓子をひとつずつあげましょう。

20150620_02
来る子供たちの数が分かっていれば、準備は簡単ですね。少し多めに用意しておくと安心です。子供たちは何軒も回ると考えれば、お菓子の食べ過ぎもよくありませんので、一軒に付きひとつずつで十分でしょう。

準備するのが数がそんなに多くなければ、スーパーなどで大袋で売っている小分けできるタイプのお菓子が便利ですね。衛生面を考えても、個包装されているものがおすすめです。

人数が多ければ、ハロウィン用としてお菓子セットも売っています。

かわいく包装されていると、子供たちのテンションも上がりますね。

まとめ

ハロウィンにお菓子をあげることは知っていても、「トリック・オア・トリート」と言われたらなんて答えれば良いのか知らないと困ってしまいますね。

これからは、「ハッピーハロウィン」か「トリート」と答えてあげましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑