女性の一人旅のコツと初めての国内旅行で注意することは?

公開日: 

20150617_01
初めての女子ひとり旅に出よう!と決めたはいいものの、楽しみでもあり、不安なことも。

行き先は?泊まるところは?何も決めなくて大丈夫?と心配するタイプの方やとりあえず旅に出よう!と言うタイプの方など様々だと思いますが、少なくとも旅行に出る前にこの記事を見ていると言うことは、とりあえず行ってしまえ派ではないでしょう。

今回は、女性の一人旅のコツや注意することをまとめてみました。

スポンサードリンク

女性の一人旅のコツ

一人旅のメリットは、全て自由であること。でも自由であることは責任も全て自分で負うことになりますので、その覚悟はもって出掛けましょう。

と言うと重い感じになりますが、友人と行く旅の場合は、行き先や食事、宿のグレード(懐具合)なども全て相手の意向を気にしながら、お互いある程度妥協してという部分が出てくると思いますが、一人旅の場合その点を全く気にする必要がありません。

気に入った場所があれば、長い時間滞在してもいいし、良さそうと思って行ったけど、そうでもなかった場合は早々に次の場所へ移動することも可能です。時間を気にせず写真を撮ったり、歩き疲れたら休憩するのも自分のタイミングでOKです。

ただ、全く何も決めずに旅に出てしまうともったいない時間が増えてしまう可能性が高いので、おすすめは「旅のテーマ」を決めること。

自分で設定するだけなので、何でも構いません。
例えば…

・写真撮影
・ご当地グルメ
・地酒や地ビール
・スイーツ食べ歩き
・温泉巡り
・お城巡り
・道の駅巡り
・廃線巡り
・秋なら紅葉狩り
・春なら桜前線と一緒に北上
・宿でのんびり贅沢な時間を過ごす
・新しい体験を1つする
・乗ったことのない乗り物に乗る
・旅の間は断スマホする
・何もしない時間を作る

など本当に何でもOKです。特にマニアックな趣味の旅は一人旅に向いていますね。この先も友達同士では行かないだろうなと言うような王道ではない場所を目的地に選ぶのもいいですね。また、ある場所からの景色を見に行くのような具体的なものでもいいと思います。

目的が達成出来ても出来なくても、誰かに評価される訳ではないので自由に決めましょう。

テーマがあると、情報収集もしやすくなりますし、何に時間を使うかがはっきりするので「一人旅には行ったけど何しに行ったのか分からなかった…」と言うようなことはなくて済むはずです。

一人旅のコツ
・ざっくり予定を決める(きっちり決め過ぎない)
・事前の準備(情報収集など)は入念に
・荷物は少なめに
・旅先の出会いを大切に

日数的に余裕があるのなら、現地に着いてから「何をしようかなぁ」と計画を練るのもいいと思いますが、計画を練るのにも時間は掛かります。情報収集は旅行前でも可能なので、ある程度調べておきましょう。現地でもっといい情報があれば気軽に変更することが可能なのが一人旅のいいところです。

荷物の管理も全て一人でしなければなりませんので、荷物は少なめ、コインロッカーなども上手く利用して移動する時は身軽な方がいいですね。大きい荷物を持ち歩くとトイレに行く時なども意外と大変です。

スポンサードリンク

短い期間なら、1ヶ所を起点に滞在して、そこから出掛けるようなプランだと荷物の心配が少なくてすみますね。

自宅でも出来ることを旅先でするのはもったいないと思いますが、旅先で例えばただ景色のいい場所で何もしない時間を過ごすと言うのはそこでしか出来ない贅沢な楽しみ方ですね。何もしない=ムダな時間ではありません。何もしない時間を気兼ねなく作れるのも一人旅のいいところではないでしょうか。

女性の一人旅 初めての場合の宿は?

女性の一人旅の場合、長い旅行でも次に行く場所の宿は途中で予約するなど宿は事前に決めておいた方がいいと思います。

ビジネスホテルだと、一人旅でも利用しやすく利便性がいいですね。最近は旅館でもひとりで泊まれるところも増えてきています。

一都市に滞在するのであれば、移動手段(鉄道や飛行機)とホテルだけがセットになったツアーの方がお得な料金設定になっている場合もあるので、旅行会社のプランをチェックしてみましょう。出張プランなどは一人旅にも合うかもしれません。

初めての一人旅でちょっと寂しいなぁと感じるとしたら、初めて一人で泊まる時だと思いますので、最初の宿は慎重に選びましょう。少し奮発してもいいかもしれません。ちなみに個人的な経験から言うとちょっと寂しいのは最初だけで、慣れてくるとものすごい楽だし、むしろ快適になってくると思います。

一人旅は自由であると同時にトラブルに遭遇した場合も自分自身で解決をしなければいけません。計画は安全第一で立てておきましょう。

個人的な経験ですが、以前明るいうちに着くから大丈夫と思って1泊目の宿を決めずに旅に出て、飛行機が遅れて到着しどこも宿が取れずに結局海外の空港で一晩明かしたことがあるので、それ以来次の宿は取るようにしています。

女性の一人旅 国内旅行の注意点

国内旅行とは言え、夜道や昼間でも人通りが少ない場所は避けましょう。特に道に迷ったりしてしまうと土地勘のない場所では危険です。また、山道も女性の一人旅では止めておきましょう。

夜間にタクシーにひとりで乗るのもおすすめしません。また、万が一にも旅先で盗難にあってしまうことも想定して、国内旅行でも貴重品は1つにまとめず分けて持つなど対策をしておいた方がいいですね。

また、テンションが上がってお酒を飲み過ぎてしまうのも危険です。酔っ払ってしまう危険性がある場合は、宿泊している宿で飲みましょう。

旅先でスマホや携帯電話をなくしてしまった場合に、連絡先が全て分からなくなってしまうと困りますので、緊急時の連絡先はノートや手帳など紙に書いたものを別に持っていると安心ですね。

防犯ブザーなども持っているだけで安心感に繋がります。

まとめ

「一人旅は自分を見つめなおす時間」や「新たな自分を見つける」「人生観が変わる」などと言われることもありますが、そんなに重く考えずに行きたい時に行きたい場所に行ってくるくらいでいいのではないかと思います。

友人たちと行く旅行も家族旅行も社員旅行もそれぞれの楽しみ方があり、たまたま今回は1人と言うだけですので肩肘張らずに一人旅は一人旅で楽しんできましょう。

写真を撮るだけでなく、思ったことや考えたことなどを小さいノート等にメモをしておくと時間が経ってから見て楽しむことも出来るのでおすすめです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑