横浜開港祭2015花火のベストスポットは?屋形船やクルーズがおすすめ

公開日:  最終更新日:2016/09/28

毎年、最終日の花火が人気の横浜開港祭。

072879

今年の第34回横浜開港祭2015
2015年5月30日(土)、
5月31日(日)、
6月2日(火)

臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区とその周辺で開催されます。

最終日の花火は6月2日(火)19:20 開演(15:30開場)で臨港パーク前の海上で行われる予定です。

例年、30分と時間はそれほど長くはありませんが、光と音・水と花火のショーとして人気ですので、当日は平日でもものすごい人出です。

昨年はこんな感じでした。
横浜開港祭2014「ビームスペクタクル in ハーバー」/神奈川新聞(カナロコ)

スポンサードリンク

横浜開港祭2015 花火をみるベストポジションはどこ?

花火を見るベストポジションは花火観覧席チケットを購入することです。

横浜開港祭の花火は花火だけの規模なら実はそんなに大きくはありません。が、光と音・花火のショー「ビームスペクタクル in ハーバー」なんです!なので、遠くからではなく花火が目的なら近くで見るべきなのです。

2015年(第34回)の横浜開港祭花火観覧席チケットは

◆メイン会場 ペア席 2名分(エアークッション付) 9,000円

◆国立大ホール前会場 ペア席 2名分 6,000円

◆国立大ホール前会場 2~5人席 2~5名分 15,000円

で販売されています。
が、注意事項として「国立大ホール前会場は、花火のみの観覧」となっています。昨年は「国立大ホール前会場はステージ及びビーム演出はご覧になれません」でしたので、「花火のみ」というのはそういうことだと思います。また、「チケットはブロック内自由」「イス持ち込み不可」とあるので、お金を払ってみるのならメイン会場のペア席がおすすめです。

チケットは、2015/4/27(月) からチケットぴあで販売されています。⇒チケットぴあ 関東甲信越

また、横浜そごう横浜駅東口のスカイビルみなとみらいのホテルのレストランを予約しておく方法もありますね。

ただし人気の席は争奪戦必至ですので、お早めに!

花火大会で写真を撮りたくなったら、こちらもご参考にどうぞ。
スマホで花火大会の写真を撮る方法

横浜開港祭2015 花火を見るなら屋形船!

でもどうせお金を払うなら、食事付きで海の上から見るのはどうでしょう?

花火がなくても横浜の夜景を満喫でき、それだけでもデートにはもってこいな上に花火が特等席で見られます!

スポンサードリンク

今年は人でいっぱいなみなとみらいを離れて、海上からの花火を楽しんじゃいましょう!

ただし、花火のある日の屋形船は毎年満席御礼なので、事前に必ず予約をして下さいね。

ほとんどの屋形船に水洗トイレが完備されていますのでトイレの心配も無用です。

屋形船の予約が出来るサイトをまとめてみました。
(まだ今年の横浜開港祭の花火の日に出航するかどうかは発表されていませんが、予約が開始されるとすぐに埋まってしまうこともあるのでちょこちょこチェックして頂ければと思います。)

屋形船 濱進
今年の横浜開港祭の花火に合わせて出航するかはまだ分かりませんが、こちらのホームページも要チェックです。

船宿 かみや 羽田
蒲田駅集合で行ける屋台船です。都内から便利なのはもちろん、帰りの混雑するみなとみらいが避けられるのはいいですね。

★屋形船もクルーズ船も予約さえしておけば、早くからの場所取りが不要です。ただし出航時間は時間厳守で!

118725

横浜開港祭2015 花火鑑賞はクルージングで!

屋形船もいいけどクルーズ船もいいですね。クルーズ船ももちろんトイレの心配はありません。人が多過ぎるみなとみらいの地区はトイレに行くのも大変なこともあるくらいですので…男性はあまり気にならないかもしれませんが女性には結構大きな問題です。

横浜のクルーズ船【ロイヤルウイング】
横浜でクルーズ船と言えば、ロイヤルウィングです。

花火クルーズ.com
乗合のクルージングは間際になってから募集することもあるので、他がいっぱいで予約出来ないという場合にも空き情報を確認してみてくださいね。

クルージングBAR 横浜パラダイス
こちらは、船内にBARがあるクルーズ船。デートにお勧めです。
昨年はフリードリンク(生ビール・ワイン・焼酎・ウイスキー・カクテル・ソフトドリンク)、軽食付きで7,000円(税込)と比較的リーズナブル。食事よりもクルージング&花火メインならこちらですね。

どのクルーズ船も予約は必須です。平日だからと油断しているとすぐに予約が埋まってしまうので募集が始まったら早目に予約して下さいね。

横浜開港祭2015 花火鑑賞のまとめ

穴場と言えば穴場の海上から楽しむ花火。花火がなくても純粋にクルーズ船や屋形船だけでも十分いつもとは一味違うデートになりますね。

横浜開港祭2015のスイーツパラダイスなどのグルメ情報はこちら
横浜開港祭2015 スイーツパラダイス&ワールドグルメカーニバル

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑