旅館の心付けは必要?渡し方・包み方は?心付けとチップの違い

公開日: 

20150527_01

子供の頃の家族旅行ではお母さんが仲居さんに何かをそっと渡していたような記憶がある方も多いのではないでしょうか。

いざ自分が大人になって、初めてちょっと高級な温泉旅館に泊まる時に「心付け」って渡すもの?という疑問が出てきてもおかしくないですね。

旅館に泊まる時には「心付け」や「チップ」は必要なのでしょうか?

スポンサードリンク

旅館の心付けは必要?不要?

旅館に泊まる時の心付けは、原則としては必要ありません。サービス料に含まれています。

ただ、特別なリクエストを追加料金なしでしてくれたり、宿泊料の掛からない小さな子供がいるなど、他のお客さんよりも手間を掛けてしまうことが予想される場合は、予め「色々とお手数をお掛けすることがあると思いますが、今日はよろしくお願いします。」とポチ袋などに入れて渡しておくとスマートですね。

「心付け」は本来宿泊する側の「気持ち」なので、渡さなければならないものではありません。

また、宿泊中に酔っ払いすぎて迷惑を掛けたとか、部屋を汚してしまったなどの場合は、謝罪すると共に渡したり、対応がとても良かった場合にもどこが良かったかを伝えると共に心付けを渡すのもいいですね。このような場合は「謝罪」や「感謝」の言葉が重要で、その気持ちをより表すために心付けを渡すという感じでしょうか。

旅館の心付けの渡し方 タイミングと包み方

心付けを渡す場合のタイミングと包み方ですが、まずタイミングは「これからよろしくお願いします」という場合は、部屋に案内されてお茶を入れてもらった時、または夕食時に担当の仲居さんが来て挨拶された時が自然でしょう。最近は1人の仲居さんの担当制ではなく、分業になっている旅館もあるのでそういう場合は特に必要はないかと思います。

スポンサードリンク

一般的な相場としては、宿泊料金の10%程度と言われています。実際には1泊2人で2~3,000円、家族連れて5,000円程が多いようですが「気持ち」ですから1,000円でも構いません。

ティッシュに包んで渡す方も多いですが、予め渡すつもりならば、ポチ袋や懐紙に包んで渡しましょう。新札が用意できれば尚いいかと思います。ただ、急に渡したくなった場合は、そのまま裸で渡すのではなくティッシュに包んだ方がいいですね。

心付けを渡した時に断られた場合はもう一押ししてみて、それでも断られた場合は、旅館自体の決まりとして受け取りを禁止しているのだと思います。

お金の代わりに地元のお菓子や名物などを「皆さんでどうぞ」と持っていくのもいいですね。「気持ち」なので、値段もそんなに掛からずに喜んでもらえるのではないでしょうか。

心付けとチップの違い

日本では「チップ」を渡す習慣がないので、心付けもチップも同じような意味で使ってしまいがちですが、違いはあります。

チップは、提供されたサービスに対し、支払うべき(支払わなければならない)お金。
心付けは、提供されたサービスに対する「感謝の気持ち」をお金であらわすもの。

チップがある国では、従業員にとってチップ=給料の一部なので、サービスを提供したらもらうべきお金ですが、「心付け」はお客さんの「気持ち」の表現方法のひとつなので、なくても給料自体が変わるものではありません。

実際に海外では「チップ」がないと払って下さいと言われるケースもありますが、日本で「心付け」を払って下さいと言われることはありませんね。

日本では「チップ」がない代わりにサービス料として大抵の場合は宿泊料と共に支払っているはずです。

世界各国、様々な文化や習慣の違いがあるので、その土地に行ったらその土地の習慣に従うべきですので、海外に行く時にはちゃんと調べて、失礼のないようにしたいですね。

まとめ

「心付け」はあくまでも「気持ち」ですから、宿泊料金の高い旅館だからと言って若いのに無理して出さなきゃいけないと思う必要はありません。

逆に宿泊料金の安い旅館でも素晴らしいサービスを受けた時に、スマートに心付けを渡せる大人だとかっこ良いですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑