お盆休みに日帰りで楽しむ関東 東京は空いてる?日帰りツアーは?

公開日:  最終更新日:2016/08/11

20150522_02

本当はお盆休み以外に休みが取れればいいけど、そうもいかないこともあります。お盆休みだから、どこへ行っても混んでるし子供がいっぱい…と諦めず、せっかくのお休み、大人も楽しみましょう!

都内からお盆休みに日帰り出来る大人におすすめなスポットをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

お盆休み 日帰りで楽しむ関東エリア

都内からちょっと旅気分になれると言えば定番は、鎌倉・江の島エリア。夏休み中は海に行く人も多いので、混んでいないことはないですが、午前中早めに出て、江ノ島に生しらすを食べに行くのは如何ですか?生しらすは通常その日に穫れた新鮮なものでなければ食べられないので、天候などによって不漁の時には食べられないこともあります。そこに行かないと食べられないものを食べに行くのも旅の楽しみの1つですね。

有名なお店は1時間以上待ちと言うこともよくあり、生しらすは水揚げしている地域でしか食べられないため、遠方からわざわざ訪れる人も多いです。また、1月~3月は禁漁となり、8月に食べられるしらすは「夏しらす」と呼ばれています。

江の島・片瀬海岸・片瀬地区には、しらすを扱うお店が結構たくさんあります。生が苦手な方は釜揚げや天ぷらでも。生ではなくても獲れたては美味しいですよ。

20150522_01

鎌倉と江ノ島の両方行く場合は、先に江ノ島でランチを食べてから、鎌倉へ行きましょう。暑い時期の鎌倉観光はちょこちょこ休憩をとりながらがいいですね。甘味処や喫茶店なども多いので、休憩場所には困らないでしょう。熱中症には気を付けて鎌倉散策を楽しんで下さいね。

がっつり鎌倉エリアを回りたい場合は、こちらの記事もご参考にどうぞ。
関東の日帰り 電車デートで神奈川へ お得なフリーきっぷ&グルメ旅

お盆休み 東京は空いてる?穴場?

お盆休み期間中は、東京都内の方が空いていることが多いですね。いつもは行かない東京観光もこの時期はどこかへ行くよりもむしろおすすめです。電車も道路も空いています。

都内だったら、例えば浅草観光してから隅田川クルーズで浜離宮へ船で行き、月島や築地あたりでランチやディナー、もしくは歌舞伎座で歌舞伎を楽しむのもいいですね。歌舞伎座は普段は2部構成ですが、例年8月は3部となり少し短めな演目を観ることが出来ます。築地本願寺や歌舞伎座は夜のライトアップもなかなかきれいです。

隅田川クルーズは浅草から浜離宮のほか、日の出桟橋やお台場などにも行けます。普段はあまり乗らないクルーザーに乗るだけでも旅行気分が味わえますね。ただ、お台場はお盆休みに東京に来ている観光客で混んでいると思いますが。

また、皇居の周辺もお盆休みの時期は空いていますね。ちなみに皇居の見学は今まで事前の申込みが必要でしたが、2016年6月25日(土)より当日受付でも見学が可能になりました。また見学日は平日のみでしたが、土曜日が加わり火曜日~土曜日となっています。夏の間は午後の見学はお休みとなりますので、皇居に行く場合は朝から出掛けましょう。料金は無料です。

⇒詳しくはこちら

スポンサードリンク

お盆休み 日帰りツアーで1日楽しむ

計画を立てたり、調べたりする時間がない場合や計画を立てるのが面倒くさい場合は日帰りツアーがおすすめです。

自分達で行くには移動が大変なところもバスだと効率的にまわれます。炎天下に電車の乗り換えや駅から目的地まで歩くだけでも暑いですが、クーラーのきいたバスで直接目的地まで連れて行ってくれるのは楽ですね。

また、自分では思いつかないような組み合わせのツアーがあったり、意外な発見があるかもしれません。ちなみに、HISのバスツアーは前日18時まで受け付けています。

まとめ

お盆休みは都心が一番空いていますが、人が少ないのでお店もお休みだったりすることもあるので、目的のお店がある場合はチェックしてから出掛けて下さいね。

わざわざ遠出して混んでいる観光地に行かなくても、いつもとは違う体験で夏の思い出を作りましょう。

《関連記事》
お盆休みに東京から日帰りデート 関東エリアで楽しもう

横浜の夜の動物園 野毛山動物園で夜デート ナイトズーラシア2016も開催

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑