納豆は夏バテに効果ある?混ぜるだけでOK食材とネバネバ食器の洗い方

公開日:  最終更新日:2015/07/01

20150515_01

暑い日が続いて、夏バテしてしまうと、食欲もなければ食事を作るものも面倒くさくなってしまいますね。

かと言って食べない訳にはいかないし…そんな時には冷蔵庫にある納豆を食べましょう。

スポンサードリンク

納豆は夏バテに効果がある?

納豆には様々な栄養が含まれていますが、中でも疲労回復や体力の低下を防ぐ効果があるのが、ビタミンB群。

また、低カロリーで良質のたんぱく質が得られ、アルギニンという疲労回復に役立つアミノ酸も多く含まれています。

納豆のネバネバの「ムチン」が胃壁を守りってくれて消化吸収を助け、アルコールの分解を早める働きもあるので、疲れた胃や肝臓にはもってこいです。

納豆は、夏バテ対策には欠かせない食品と言えるでしょう。

ちなみに、血栓を予防する働きがあるナットウキナーゼの血液サラサラ効果は、体内で約8時間効果が継続するとのことなので夜ご飯の時に納豆を食べると寝ている間に効果を発揮してくれます。寝ている時には筋肉が動かないので血液が固まりやすいと言われていますから、夕食に摂取するのが効果的ですね。ナットウキナーゼは熱に弱いので、加熱せずに食べるのがおすすめです。

血液がサラサラになることでも夏バテから早く回復出来ますので、本当に納豆は疲れた体にピッタリです。

納豆に混ぜるだけで美味しい食材

カレーに納豆や納豆チャーハンなども美味しいですが、夏バテしてしまってもう作るのも億劫な場合は、納豆は混ぜるだけで食べたいですね。

定番のネギ・からし・タレ以外の混ぜるだけでOKなちょい足し食材をまとめてみました。

スポンサードリンク

・わさび
・ブラックペッパー
・かつお節
・砂糖
・カレー粉
・マヨネーズ
・青のり
・ポン酢
・コチュジャン
・豆板醤
・ごま油
・オリーブオイル
・山椒
・すりごま
・ゆかり
・梅干し
・オクラ
・長芋
・トマト
・アボカド
・大根おろし
・しそ
・キムチ
・しらす
・卵
・ヨーグルト
・めかぶ
・乾燥わかめ
・なめ茸
・福神漬
・塩昆布

1つずつでもいいですし、定番のネギ・タレ・辛子と組み合わせたり、2種類以上足してみたりとアレンジは可能です。そのまま食べるのがいいものや、ご飯だけではなく豆腐に掛けるのに合うものなど、お気に入りを見つけてみてくださいね。

納豆好きとしては色々と試しましたが、結局のところ、ネギ・からし・タレと白いご飯というシンプルな食べ方に戻ってきました。これだけ紹介しておいてなんですが…。

納豆を食べた後のネバネバ食器の洗い方

納豆は美味しかったけど、食べた後の食器や納豆が入っていた容器のネバネバを洗うのが嫌いという方に是非試して頂きたい洗い方があります。

正確に言うと「洗い方」ではないのですが、洗う前にネバネバがついている食器や容器を水に浸けておいて下さい

それだけです。20分~30分ほど放置しておくと洗剤もいらず、水で流すだけでネバネバが全て流れていきます。

これでネバネバも匂いもなくなりますので、ゴミの日まで容器が匂って困ると言うこともありません。

納豆は食べたいけど、ぬめりが嫌だったという方は是非試してみてください。

まとめ

納豆好きは一年中食べていると思いますが、夏バテにも効くのなら夏場は特に積極的に摂取したい食べ物のひとつですね。納豆からパワーをもらって、夏バテからの回復に役立てて下さい。

色々アレンジして、お好みの味を見つけるのも楽しいですね。

もちろん、夏バテしている時に納豆だけでOKという訳ではありませんので、バランスのいい食事と十分な休息をとって下さいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑