花火写真の撮り方 iphoneでの撮影のコツ スマホでの簡単な撮影方法

公開日:  最終更新日:2015/07/02

20150511_01

カメラはいつも持ち歩いている訳ではないけど、スマホならいつでもありますね。花火大会の会場に着いてからでも間に合うスマホ(iPhone)での花火の撮影方法とちょっとしたコツを紹介します。

特別なアプリは不要、iPhoneの元々入っているカメラでOKです。

スポンサードリンク

花火写真の撮り方 iphoneで撮影しよう

まず、iPhoneでの花火の撮影方法のポイントは3つです。

  • フラッシュをオフにする
  • HDRをオフにする

  • そして、撮影する時に

  • AE/AFロックを使う
フラッシュは遠くの花火までは届きませんし、むしろ邪魔になるので、オフにします。「自動」の設定になっている場合は、iPhoneを縦にした時に左上にあるフラッシュマークをタップして「オフ」にしましょう。

次に、HDRをオフにします。フラッシュマークの右隣(縦の場合)にHDR自動/HDRオン/HDRオフのいずれかが表示されていると思いますので、タップして「オフ」を選択しましょう。簡単に言うと写真がきれいに撮れる技術なのですが、花火の写真には向いていないし、オンになっているとシャッターを押してから撮影するまでの間が長くなってしまうので、シャッターチャンスを逃してしまう可能性が高くなります。なので、オフにしましょう。

そして、撮影する時にはAE/AFロックをしましょう。AE(自動露出)とAF(オートフォーカス)はカメラが自動でやってくれる便利な機能なのですが、明るさを変えながら動く花火をカメラが自動で追いかけてくれちゃうとシャッターがおりなかったり、シャッターが切れたとしてもボケボケの写真になってしまいます。

ですので、まず準備として、花火が上がっている方向に向けて、画面上の花火の光が一番明るい場所を長押ししてAE/AFロックされた状態にします。指を離した時に画面の中央上部に「AE/AFロック」の表示が出ればロックされています。そして、そのまま次に上がった花火を撮影。花火は毎回同じ場所で同じ明るさではないので、上手くいかない場合は、何度かチャレンジしてみて下さいね。

花火写真 コツは?スマホで簡単撮影

基本の撮影方法が分かったところで、いくつかコツを押えておくとさらに上手く撮れるはずです。

◆ブレないようにする方法◆

★カメラを固定する
当たり前ですが、スマホが動くと写真はボケてしまいます。手を上に上げている状態で動かさないことが出来ればいいのですが、普通は無理なので脇を締めて、地面に座っている状態なら膝を立てて体育座りのような形にして、その膝にひじを固定して動かないようにしましょう。近くに手すりや木など固定出来るものがあれば利用するものいいですね。

スポンサードリンク

★シャッターは音量ボタンで操作する
iPhoneは音量ボタン(+でも-でもOK)でシャッターが切れるので、画面を触らずにデジカメのように構えてシャッターを押せます。また、iPhone用のイヤホンを接続すればイヤホンの音量ボタンでもシャッター代わりになるので、iPhoneを固定してイヤホンの音量ボタンで撮影するのが一番ブレない方法になりますね。

★撮影中は息を止めずにゆっくり吐く
息を止めると力が入ってしまうので、余計にブレやすくなります。

★ズームは使わない
画質が荒くなりますし、ちょっとの動きでブレブレになってしまいますので、ズームを使うのはやめましょう。花火だけの写真にしたい場合は、後から編集しましょう。

◆その他のポイント◆

★花火が始まったらすぐに撮影する
後半の盛り上がってきた頃に撮影したいところですが、後半は花火の煙が残っていることが多いので背景がはっきりしなくなってしまいます。空が澄んでいる時に撮った方がきれいに写ります。

★撮影するのは花火だけじゃなくてもOK

周囲に人が多くて花火だけでは撮れない場合も花火を見ている人を入れることで、風景写真としては趣きがあるものになることもあるので、花火だけにこだわらずに色々なアングルで撮影してみましょう。

★撮影に向いている花火の種類

スターマインと呼ばれるいくつもの花火が組み合わせて連続で打ち上げられるものだと明るい状態が続くので比較的撮りやすいです。

スマホで花火写真を撮る 面倒な場合はこれ!

そんなに面倒くさくない方法を紹介してきたつもりですが、それでもよく分からないという場合は、シャッターをずっと押していると連写モードになるので、連写してその中からいい場面を選びましょう。音量ボタンをシャッター代わりにする方法でも連写出来ます。

もしくは、動画を撮ってその中から一部分を写真に切り取ってもいいでしょう。iPhone 5s以降に対応している「スローモーション撮影」にチャレンジしてみても面白いと思います。ブレないように気をつけましょう。

簡単にまとめると花火を撮るためには、
・フラッシュとHDRをオフにする
・ズームは使わない
・AE/AFロックをする
・シャッターは音量ボタンを使って連写する

でチャレンジしてみましょう。

AE/AFロックが一番分かりづらいかもしれませんが、これをするとしないとではかなり差が出ますので、頑張ってみましょう。

まとめ

一眼レフで撮る写真とはもちろん違いはありますが、記憶と共に写真に残しておけるといいですね。

ブレブレ写真でも、それも含めて楽しい思い出になるかもしれません。

ただ、写真を撮ることに夢中になって、結局花火をよく見れなかったということにならないように撮影はほどほどにしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑