夏休みの思い出作りに横浜で果物狩りは?ぶどう・梨・ブルーベリー狩り

公開日:  最終更新日:2015/07/02

20150508_01

そんなに遠くまで行かなくても可能な夏休みの思い出作りに横浜市内での果物狩りは如何でしょうか?

子ども達がスーパーで売られている姿の果物しか知らないのはちょっと寂しいですね。横浜市内でも果物狩りが出来る場所があるので、夏休みの思い出作りも兼ねてフルーツ狩りへ行きましょう!

大人も意外と楽しいものです。摘みたての新鮮な味を覚えてしまうとスーパーの果物で満足出来なくなってしまうかもしれませんね。

横浜市内で体験できる、ぶどう狩り梨狩りブルーベリー狩りについてご紹介します。

スポンサードリンク

夏休みの思い出作りにぶどう狩りは?

まず、果物狩りに行く場合は、動きやすくて汚れてもいい服装を選びましょう。また、地面は土ですから靴も歩きやすく汚れてもOKなスニーカーなどがおすすめです。

そして、夏休みの暑い時期ですから熱中症対策・紫外線対策も忘れずにして、自然の中、虫もいますので虫除けスプレーをした上で長袖・長ズボンの方が安心ですね。

《ぶどう狩り》
横浜市戸塚区の芝口果樹園では、8月下旬ならぶどう、梨、いちじくの果物狩りが楽しめます。

  • ぶどう 8月中旬~9月上旬頃
  • ¥1,400/Kg~¥2,000/Kg
    藤稔・ピオーネ・シャインマスカット・竜宝・紅伊豆・シナノスマイル・ゴルビー・紅義・安芸クィーンと様々な品種が楽しめます。それぞれの味の違う品種の食べ比べも出来ると楽しいですね。

  • 梨 品種によって異なりますが8月半~9月半ば過ぎまで
  • ¥600/Kg~¥900/kg
    幸水・豊水・あきづき・あきあかり・筑水・南水と梨も様々品種があります。梨は品種によって旬の時期が異なりますので、特定の種類が食べたい場合は、事前に確認しておきましょう。

  • いちじく 8月下旬~10月
  • ¥400/5~6個
    バナーネ・桝井ドーフィン

その他秋以降は柿、みかんもあります。

平日に果物狩りをしたい場合は、前日の夕方までに電話で予約をしておきましょう。週末は予約をしなくても時期であれば大丈夫だそうですが、天候等によって早めに終わってしまったり、少し過ぎでいても今年は大丈夫ということもありますので、心配な場合は事前に問合せをしておいた方が安心ですね。

TEL:045-852-1445
営業時間:10:00~16:00
駐車場あり。

横浜の果物狩り~梨狩り~

《梨狩り》

20150508_02

横浜の梨のブランド「浜なし」。浜なしは梨の品種ではなく、横浜市果樹生産者の統一のブランド名です。
夏のシーズンになると市内でも色々なところでノボリが立っているのを見たことがある方もいるのではないでしょうか?最近はたま~にスーパーなどでも扱っているところがありますが、数が少ないのでほぼ直売所だけで売れてしまいます。直売所も朝一番に買いに行かないと手に入らないことがほとんどの人気の「浜なし」です。

直売所は各地にありますが、自分で梨もぎをしたい場合は、横浜・平戸果樹の里へ。

スポンサードリンク

入園料は掛からず、自分で収穫した分の料金を支払うシステムです。ということは家族全員で行ってもひとりで行っても買う量が変わらなければ、支払う料金も一緒ということですね。でも大勢で行って調子に乗って取り過ぎると結構な金額になってしまうので気をつけましょう。新鮮なうちに食べないと美味しくないくなってしまいますしね。

もぎ方などもレクチャーしてもらって自分でとります。1kg(2~3個)あたりの料金(600円程)となりますが、スーパー等で買うよりも価格は高めです。ただ、家族で梨狩りも楽しんでということ含めて考えれば、そんなに高くはないかもしれませんね。採れたての梨はジューシーで美味しいです。

横浜・平戸果樹の里
(横浜市戸塚区平戸町/JR横須賀線東戸塚駅から徒歩約15分又はバス)

平戸果樹の里エリアに「岩崎果樹園」など複数の果樹園があり、幸水や豊水などが8月下旬~9月中旬頃に楽しめます。

梨狩りではなく、直売所で買うのであればJA横浜のホームページでチェックすれば意外と近所でも購入可能かもしれません。

横浜の果物狩り~ブルーベリー狩り~

《ブルーベリー狩り》

20150508_03

ブルーベリー狩りは一番マイナーかもしれませんが、ブルーベリーは木の高さが低く、子供でも取りやすいのでおすすめです。また、ブルーベリー狩りが出来る期間も長めなので、日程も合わせやすいですね。

  • よこはまあさひブルーベリーの森 
  • 7月中旬~9月中旬の間、ブルーベリー狩りが可能です。種類の異なるブルーベリーは味の違いも楽しめます。
    すっぱいものや甘いものなど、お好みのブルーベリーを見つけるのもいいですね。
    この時期限定のカフェもあり、ブルーベリースムージーなども味わうことが出来ます。

    相鉄線鶴ケ峰駅南口下車 徒歩10分 バス便・駐車場もあり

  • マルイファーム 
  • こちらの直売所では、ブルーベリーの他にもぶどうやいちじく、野菜なども販売されいます。

    無農薬の完熟ブルーベリーの食べ放題は7月中旬~9月上旬の月・水・土のみの営業です。
    ブルーベリー狩りは9:40~10:00の受付で制限時間は60分。

    ・大人(小学生4年生以上)は1500円(税込)。
     入園料と食べ放題&1カップ300g(600円相当)のお土産付(自分で摘む必要あり)
    ・小人(3歳~小学3年生)は500円(税込)。入園料と食べ放題
    ・2歳以下のお子さんは食べ放題無料
    となっています。

    完全予約制ですので、必ず予約をしましょう。
    TEL:090-3227-2035

    第三京浜の港北インターから約5分のところなので、アクセスしやすいですね。

まとめ

カットされたスイカしか知らない子が丸いスイカを見てビックリしたなんて話も聞きます。

ぶどうや梨、ブルーベリーがどのように木になっていて、どうやって摘み取るのか、そして採れたての味を味わう。そんな経験もいいものですね。

丸1日使って遠出は出来なくても、横浜市内でフルーツ狩りが出来るならご家族みんなで出掛けてみてはいかがですか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑