女性の一人旅 日帰りで行く関東のおすすめは?体験系にもチャレンジ

公開日:  最終更新日:2016/02/22

20150506_01

ひとり旅は好きですか?向いている人と向いていない人といるのかなぁと思いますが、個人的には大好きです。

もちろん、仲間と一緒に行くこともあれば、1人で行くこともあります。急に時間が出来た場合、一緒に行ける相手がいないこともあれば、ふらっと1人でのんびりしたい時もありますね。

「ひとり旅」というほどではなくても、日帰り旅行は自由な時間を気ままに使える、贅沢な時間の使い方かもしれませんね。

思い立ったら、迷わず出掛けましょう!

スポンサードリンク

【女の一人旅】日帰り関東エリアの旅

日帰りでも旅は旅、遠くまで行かなくてもいつもの行動範囲から抜けだして、いつもとは違う風景を楽しむのもいいのではないでしょうか?移動は車ではなく、公共の交通機関を使って行く旅のプランです。

★東京~千葉~神奈川をぐるっと一周り★

都内からならまず品川もしくは川崎へ行き、アクアラインバスを使って東京湾アクアラインを通って千葉(木更津)へ。海ほたるに寄りたい場合は、川崎から出ているバスを選びましょう。

木更津駅からJR内房線で海沿いを南下。気になった駅で途中下車するのもいいですね。

浜金谷駅まで行って、鋸山を1時間足らずで行けるハイキングコースで登ってもいいし、歩くのはちょっとという時は「鋸山ロープウェー」なら山麓駅から山頂駅まで約4分で到着出来ます。どちらか片道だけロープウェーを使ってもいいですね。

ランチはこの辺りなら海の幸を味わいたいですね。

そして、金谷フェリーサービスセンターから東京湾フェリーで約40分、神奈川の久里浜へ。タイミングが合えば夕暮れの船旅もいいと思います。久里浜はJRも京急もあるので、都内へも戻りやすいです。

逆コースでもOKです。海を2回渡るのでお天気がいい日がいいですね。近場だけどいつもとは一味違う景色が見られる一日となるはずです。

【女の一人旅】おすすめは電車&ハイキング《関東》

一人旅でトレッキングや登山となるとちょっとハードルが高いですが、駅から行けるハイキングなら、気軽に行けますね。

JR東日本の「駅からハイキング&ウォーキング」では、予約が必要な「イベントコース」や開催期間中なら予約なしで当日でもOKの「いつでもコース」など東京都から青森県までのJR東日本エリアの各地から様々なハイキング&ウォーキングコースが選べます。

参加費は必要ないのですが、会員登録するとコースによっては、地元のボランティアガイドさんが無料で同行して、地元ならではの歴史・エピソードを紹介してくれたり、途中の見学施設やランチの割引やプレゼントがもらえるなどの特典付きです。

スポンサードリンク

また、ハイキングに行きたいけど、どこへ行ったらいいか分からない場合は、季節に合わせたおすすめのコースが設定してあるので参考になります。

3時間程度のコースから6時間程のコースまで様々ありますので、予約不要の「いつでもコース」ならその時の体調や気分に合わせてコースを決めることも可能です。

都内や横浜のコースもありますし、群馬、栃木あたりなら十分日帰り出来ますね。早朝出発なら関東を飛び出して、福島や長野あたりも可能でしょう。新鮮な空気を吸ってリフレッシュしましょう。

20150506_02

【女の一人旅】新たな体験でリフレッシュ

一人旅でものんびりまったりしたい時もあれば、アクティブに何かしに行きたい!という時もありますね。

何か新しいことにチャレンジしたい時にのおすすめは、乗馬とシーカヤックツアー。

★乗馬(ホーストレッキング)★
乗馬体験と言っても乗馬クラブの中を歩くだけではなく、九十九里浜での野外騎乗が出来る「サンシャインステーブルス」で海岸でのホーストレッキングなら、旅気分も盛り上がります。

海岸に出る前にミニレッスンがあるので未経験者でもOKです。

JR総武本線成東駅からタクシーで15分掛かるアクセスが一人旅にはちょっと微妙ですが(バスは本数が少ないので…)、ひとりでも参加出来、人数が集まらないからと言ってキャンセルになることはありません。事前に予約をして行きましょう。

★シーカヤックツアー★
鎌倉、逗子、葉山、横須賀、三浦あたりで海上散歩は如何でしょうか。
初体験でも半日コースで乗り方の基本から教えてもらえ、インストラクターと共に海へ。カヤックは海面に近いので、他の船とも違う低い目線からの景色を堪能出来ます。運が良ければ富士山がきれいに見えるかもしれません。

【Nana’s Feel Vol.5】奈奈が感じる!湘南体験 SEA KAYAK(シーカヤック)篇

体験系の旅に出る場合は、服装や持ち物も体験することに合わせて考えた方がいいですね。馬に乗るのにサンダルやスカートはNGですし、着替えが必要になる場合は、着替えやすい服装を選びましょう。

ツアーや体験系のスクールも一人参加が可能なものもあるので、時間が出来たらひとりでも参加しちゃいましょう。自分で経験してみなければ分からないこともたくさんありますね。

シーカヤックツアーに興味がある方はこちらのページが便利です。⇒ASOVIEW!(あそびゅー!)

まとめ

一人旅はとにかく自由。計画はざっくり立てて、その日の気分によって変更も出来るのがいいところですね。

海外旅行ではありませんが、近場でもどこでも自分の身は自分で守るのが女性の一人旅の鉄則ですので、羽目をはずし過ぎずに楽しみましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑