関東の日帰り 電車デートで神奈川へ お得なフリーきっぷ&グルメ旅

公開日:  最終更新日:2015/07/03

20150429_01

いつものデートとはちょっと違ったところへ行きたいけど、そんなにお金は掛けられない。そんな時には遠すぎないけど、しっかり旅行気分が味わえる鎌倉・江の島へお得なフリーきっぷを使って行ってみましょう。

鎌倉・湘南エリアは渋滞&駐車場を気にしなくていい電車で行くのがおすすめです。

鎌倉に飽きたら、城ヶ島や油壺まで足を延ばしてみては如何ですか?京浜急行の「みさきまぐろきっぷ」も人気です。

スポンサードリンク

関東エリアの日帰り電車でデート おすすめは? 

関東エリアの日帰りデートと言えば、定番ですがやっぱり鎌倉ははずせません。お寺や大仏様だけでなく「古都」ならではの風情のある建物や自然も鎌倉エリアの魅力ですね。

じっくり回ったら、一日ではまわりきれないほど観光スポットの多い鎌倉エリアですが、鎌倉・江ノ島エリアのJR線、江ノ島電鉄線、湘南モノレールの乗り降りが1日自由に出来るJRの鎌倉・江ノ島パスを使って、効率的に見てまわりましょう。

20150429_02

JR東日本の大船、藤沢、鎌倉、北鎌倉の各駅にある自動券売機や窓口で購入可能で大人は700円。江ノ電のフリーきっぷ「のりおりくん」が600円で、JRの「鎌倉・江ノ島パス」はJRの大船~藤沢間と大船~鎌倉間のJRに加えて湘南モノレールにも乗れて700円なのでお得感満載なきっぷです。

大船から湘南モノレールに乗って江の島方面へ行き江の島観光をしてから、江ノ電で鎌倉方面へ戻って鎌倉エリアの散策。そして夕方にもう一度七里ヶ浜か、稲村ヶ崎あたりで夕焼けを見るなんてコースは如何でしょう?景色のいい時間帯にもう一度行くのはフリーきっぷならではの贅沢ですね。小さな車体のモノレールも地元の足でもありますが、ちょっとした旅気分を盛り上げてくれるはずです。

夕暮れの七里ヶ浜
20150429_03

【神奈川】藤沢・鎌倉・江の島方面へのお得なフリーきっぷ

小田急線沿線から藤沢・鎌倉エリアへ行くなら小田急の「江の島・鎌倉フリーパス」がおすすめ。
小田急線新宿からだと1,470円で、往復の切符プラス藤沢~鎌倉間の江ノ電が乗り降り自由さらに周辺のお寺や観光施設・飲食店などの優待や割引特典が付いてきます。出発駅別に料金設定があるので、詳しくは小田急電鉄のこちらで確認して下さいね。

スポンサードリンク

また、別途特急券を購入すればロマンスカーにも乗れちゃいます。新宿から片瀬江ノ島までの特急料金が620円ですので、片道だけでもロマンスカーに乗れば1時間ちょっと贅沢な気分が味わえるでしょう。歩き疲れた帰りに乗るのもいいかもしれませんね。特急券は必ず乗車前に買っておきましょう。車内では追加料金が掛かりますので要注意です。

江の島周辺には、江ノ電の「江ノ島駅」、湘南モノレールの「湘南江の島駅」、小田急の「片瀬江ノ島駅」と3つの駅がありますが、江ノ島の海に一番近いのは小田急の「片瀬江ノ島駅」になります。江ノ電の「江ノ島駅」と湘南モノレールの「湘南江の島駅」からは海岸まで徒歩で10分ほど掛かるので、江の島にまっすぐ行きたい場合は小田急が便利です。

江の島の昔懐かしい感じの商店街は映画やドラマのロケ地としてもよく使われていますね。猫もたくさんいますし、夕焼け時の展望台はカップルでいっぱいです。

鎌倉・江の島エリアはオシャレなカフェやレストランから海の幸の丼物まで気分に合わせて選べるところも魅力です。

関東の日帰りデートなら京急のお得なグルメきっぷ

2009年に発売が開始された京浜急行のみさきまぐろきっぷ。年々販売枚数も増え、リピーターも多いそうです。それだけお得感があるってことですね。

「みさきまぐろきっぷ」が動画で紹介されています。

京急往復の乗車券(行きも帰りも途中下車可。逆戻りはできません)と京浜急行バスフリー区間乗車券、さらに選べるまぐろ食事券(25店舗の限定まぐろメニューからひとつ選びます)と選べるレジャー施設利用券(8つの施設のうちから1つ選びます)がセットになっています。

料金は品川からの往復で3,060円。電車の往復運賃(品川-三崎口)だけで1,860円なので、1,200円でバスにも乗れて、まぐろ料理&レジャー施設が付いてくる計算になります。泉岳寺駅と三崎口駅以外の京急沿線の駅で購入可能。出発駅によって料金は異なります。

レジャー施設は、動画で紹介されている温泉や露天風呂の利用、京急油壺マリンパーク、水中観光船「にじいろさかな号」への乗船の他、三崎フィッシャーナ・ウォーフ「うらり」産直センターのリストにある店舗のお土産(ひとつ)、レンタサイクルの1日利用やガラス工芸館Kirariでのガラス工芸体験の8つの中から選択することが出来ます。(動画はちょっと古いので5つからとなってますが…)

まぐろ料理もレジャー施設も選択肢が多いところがリピーターが増えている理由でしょうね。のんびりバスを利用して城ヶ島まで行き、湘南とはまた違った静かな海で時間を過ごすのもたまにはいいのでは。

20150429_04

まとめ

定番デートに飽きてるけど1泊旅行はお金が掛かるし…という時の強い味方がお得なきっぷ。

使わないのはもったいないです。お財布にやさしいフリーきっぷを上手に利用して、充実した日帰りの旅を楽しみましょう!

当たり前ですが、フリーきっぷはくれぐれもなくさないように気をつけて下さいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑